無錫は隣の蘇州とともに古くは「呉」の中心として栄えました。
大運河を中心に、市内を縦横に運河が流れており、中国江南地方の風情を色濃く残す街です。
無錫駅から、中山路(北京以外の中国の都市は、どこでも中心の大通りは中山路です。建国の父、「孫文」の別名、「孫中山」から来ており、 中国ではこちらの方が一般に知られています。)を南に歩くと、城中公園、崇安寺を通り、人民路との交差点があり、市の中心です。 (これもほとんどの都市は中山路と人民路の交差点が市の中心です。)ここからさらに15分くらい歩くと、 今から1700年くらい前の南北朝時代からある、南禅寺(朝陽広場)につきます。買い物等の用事のついでによく歩いたところです。

無錫駅界隈

「無錫散歩」は無錫駅からスタートします。無錫駅は高速鉄道の開通で大きく変わりました。

2003年、2008年、2011年の無錫駅南口。高速鉄道が開通するまでは、南口しかありませんでした。
8年間で外観が3回変わっています。2011年はすでに高速鉄道が開通しており、北口がメインになっています。
沪宁線(上海~南京)の中間くらいに位置し、ホーム4面を持つ大きな規模の駅です。


2003.9.28撮影

2008.5.3撮影

2011.10.16撮影

2004年と2008年の無錫駅の北側。民家の間を線路が走り、貨物列車が入れ替えをやっていました。
線路脇に洗濯物が干してあります。
今では、ここら辺は高速鉄道の無錫駅と北口広場になっており、まったく面影はありません。


2004.5.4撮影

2008.5.3撮影

2008.5.3撮影

2003年、2008年、2011年の無錫駅構内。
2003年当時は電化されておらず、すっきりしています。駅の北側は古い集合住宅が建て込んでいました。
2008年はすでに電化されています。電化されたのは2006年です。
2011年にはすでに高速鉄道が開通し、まったく変わっています。


2003.11.22撮影

2008.5.3撮影

2011.10.16撮影

2011年の無錫駅北口広場。高速鉄道の開通で北口の利用がほとんどになりました。
左が高速鉄道の無錫駅。中が北口広場。右がバスセンターです。ここから長距離バスが発着しています。


2011.10.31撮影

2011.10.31撮影

2003.10.31撮影