太湖 黿頭渚

太湖は中国で3番目に大きな淡水湖であり、広さは琵琶湖の3.4倍あるそうです。「無錫旅情」の歌詞の通り、無錫は太湖のほとりの街であり、太湖の景観抜きに無錫は語れません。中でも黿頭渚と呼ばれる一帯は太湖でも最も景観の良いところです。ちなみに黿はスッポンの意味。スッポンの頭のような形をしていることから付けられたそうです。

左のてっぺんに塔のある山が鹿頂山です。
中は鹿頂山から見た蠡湖。太湖に繋がっている湖です。
右が鹿頂山から望んだ太湖。心の中まで広くなります。


2003.9.14撮影

2004.2.14撮影

2004.2.14撮影

左 黿頭渚の観光船乗り場。沖にある仙島(三山)にこの船で行きます。
中 ジャンクを模した遊覧船。昔ながらのジャンクは遊覧船になっています。
右 大運河ともつながっており、大運河から来たと思われる船が一列で航行しています。


2004.2.14撮影

2004.2.14撮影

2004.2.14撮影

左 太湖仙島。
中 左の写真の山の上の塔がこれ。霊賽宮だそうです。
右 その中には道教最高の神様「玉皇大帝」の大きな像が佇立しています。


2006.4.2撮影

2004.2.14撮影

2004.2.14撮影

黿頭渚は桜の名所でもあります。1980年代から日中友好の象徴として植えられ、今では3万本以上になっているそうです。
太湖に散る花びらが湖面に流れ、とても印象的でした。


2006.4.2撮影

2006.4.2撮影

2006.4.2撮影

2006.4.2撮影

2006.4.2撮影

2006.4.2撮影

左 「無錫旅情」の歌碑。歌詞が中国語訳で書かれています。
中 ちょっと小さいですが青い字が「包孕呉越」。昔、対立を続けてきた「呉」と「越」を孕む、太湖の位置を表しています。
右 明代の旅行家「徐霞客」の像。「徐霞客遊記」を著しました。無錫に含まれている江陰の出身で、丁度、徐霞客の生家近くに会社がありました。


2006.4.2撮影

2006.4.2撮影

2007.5.2撮影

左 遠くに仙島(三山)を望みます。水が妙に緑ですが、アオコが大発生しており、この直後の5月下旬に無錫市の水道が猛烈に臭くなり、使えなくなりました。
中 漁師の船が沖に漕ぎ出していきます。太湖で撮った写真の中で一番気に入っている1枚です。
右 「昔ながらのジャンクが走る、遥か小島は三山か」「無錫旅情」の歌詞のような風景です。「無錫散歩」の壁紙はこの写真の左右をひっくり返して使っています。


2007.5.2撮影

2007.5.2撮影

2006.4.2撮影