古運河

祝大椿旧居

しゅくだい椿ちん(ZhuDaChun)は清朝末期、無錫出身の「電気大王」「機械大王」とも呼ばれた資本家、実業家だそうです。その故居が清明橋のそばの伯瀆河沿いにあります。 一世紀を経て、周辺に埋もれていたそうですが、場所が特定され、2003年に文物保護単位に申請され、整備がすすめられ、公開されています。

2013.4.4撮影

2013.4.4撮影

2013.4.4撮影

2013.4.4撮影

2013.4.4撮影

2013.4.4撮影

2013.4..4撮影

2013.4.4撮影

2013.4.4撮影