写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

北京へは二ヶ月に一度くらい行っていました。中国に赴任した当初(2003年)には住んでいた江蘇省の無錫には空港が無く、夜行列車で行っていました。2004年に無錫に空港が出来、北京が近くなりました。
元朝以降、基本的に中国の首都であった(今でも首都ですが)期間が長く、歴史を感じさせる街で、故宮、万里の長城を始め、見どころがたくさんあります。

北京駅

北京駅。1959年に完成しました。現在では高速鉄道の多くが北京南駅から発着しており、利用する機会は減っていますが、上海からの夜行列車が到着する駅で、よく利用しました。

2006年11月2日撮影

1901年に開業した旧北京駅。元は京奉鉄道正陽門東駅で、1959年まで北京駅でした。天安門広場のすぐ東にあります。今では博物館になっていますが、この頃はショッピングセンターでした。

2003年8月30日撮影

天安門広場

天安門の南に広がる世界一の広場。いろんな事があった場所ですが、日頃は観光客で賑わっています。

南側に位置する正陽門(前門)。奥の建物は箭楼。元々は武器弾薬の倉庫で、正陽門と城壁でつながっていたそうです。

2003年8月30日撮影

早朝の天安門広場。凧がたくさん揚がっていました。遠くに天安門が見えます。

2003年8月30日撮影

人民英雄記念碑と毛沢東記念堂。広場の中心です。

2003年8月30日撮影

中国国家博物館。広場の東側です。

2003年8月30日撮影

毛沢東記念堂。いつも参拝客?が行列しており、入った事はありません。

2003年8月30日撮影

人民大会堂。広場の西側です。

2003年8月30日撮影

王府井

紫禁城の東側に広がる繁華街です。商店が建ち並び、デパートもあって、賑やかな場所です。

2007年4月29日撮影

2007年4月29日撮影

2007年4月29日撮影

王府井天主堂。1904年に建てられました。文化大革命の時は小学校になったそうです。

2007年4月29日撮影

北京飯店。

2007年4月29日撮影

北京百貨大楼。デパートです。

2007年4月29日撮影

北海公園

紫禁城の北西に広がる湖を中心とした公園で市民の憩いの場となっています。

2002年10月13日撮影

万寿山に聳えるラマ教の白塔。

2002年10月13日撮影

2002年10月13日撮影

胡同

紫禁城の周辺には昔ながらの路地が残っており、また、積極的に保存されています。この路地を「フートン(HuTong)」と言います。 胡同には昔ながらの中庭を囲んで建つ「四合院」と言う住宅が有り、狭く入り組んだ路地ですが、高級住宅街になっています。

紫禁城の北、鼓楼付近の胡同。

2002年10月13日撮影

鼓楼大街。奥が鼓楼。
トロリーバスが走っています。

2002年10月13日撮影

2002年10月13日撮影

泊まった王府井のホテルから見た四合院。中庭には木が植えられています。

2007年5月1日撮影

四合院の入口

2007年4月29日撮影

グイジエ(GuiJie)。飲食店が立ち並んでいます。よく「火鍋」を食べに行きました。

2007年4月29日撮影