写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

北京の周辺には何カ所か見学出来る長城がありますが、最も有名なのが八達嶺とでんよくです。 中でも、八達嶺は北京観光の定番コースになっており、いつも観光客で溢れています。

でんよく(mu tian yu)

北京の北東、懐柔区にあります。八達嶺ほど有名ではなく、観光客も八達嶺はど多くはありません。 行った時は天気にも恵まれ、3月でまだ寒かったせいもあり、人もまばらで、長城を堪能できました。

険しい山の上を延々と連なっているのがよく見えています。2kmくらい歩ける様、整備されている様です。

2005年3月19日撮影

この写真の真ん中の急坂を登ったあたりまで行きました。

2005年3月19日撮影

2005年3月19日撮影

最後の急坂。

2005年3月19日撮影

急坂を登り切ると、観光用の長城は終わり。この先は整備されていない「野長城」となり、立ち入りは禁止されています。

2005年3月19日撮影

急坂の上から来た方向です。この写真の一番高いところから歩いてきました。けっこうあります。

2005年3月19日撮影

八達嶺

北京で最も有名な長城です。観光バスが頻繁に到着し、観光客でいっぱいです。

2007年4月29日撮影

2007年4月29日撮影

2007年4月29日撮影

駐車場から長城までこれで移動します。登りはチェーンで引き上げます。

2007年4月29日撮影

長城から見た乗り場。

2007年4月29日撮影

下りは重力で下っていきます。

2007年4月29日撮影