豊橋鉄道東田本線2018

名鉄岐阜市内線廃止後、東海地区唯一の路面電車となった、豊橋鉄道あずま本線(豊橋市内線)の現在の姿です。 全長5.4kmのミニ路線ですが、1982年に井原~運動公園0.6Km、1998年には駅前停留所を300m移設し、路線が延長されています。 車両も2005年に廃止となった名鉄岐阜市内線から最新鋭の電車を導入し、2008年には創業以来となる自社発注によりLRVのT1000形を導入するなど、元気な路面電車です。 2018年1月に33年ぶりの撮影です。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

モ780形784

元名鉄780形784。2005年譲受。
名鉄揖斐線岐阜市内線近代化のため、1997年と1998年に日本車輌で製造されました。 2005年に名鉄揖斐線、岐阜市内線の廃止により、豊橋鉄道にやってきました。名鉄揖斐線が鉄道線であったため、最近流行の低床車ではありませんが、最新鋭の装備を持っています。
豊橋駅前は1988年に300m移動し、豊橋駅も建替えられ、以前の面影はありません。
2018年1月7日撮影
駅前
モ780形784
1985年と電車以外は余り変わっていません。
2018年1月7日撮影
新川

モ3200形3201

元名鉄モ580形584。1976年に譲受。 1955年製ですので、「還暦」を越えています。1985年の姿と比べると窓がアルミサッシになり、冷房化されています。

2018年1月7日撮影
  札木~新川

モ3200形3202

元名鉄モ580形581。譲渡の順番で車番が振られています。
2018年1月7日撮影
札木

モ3200形3203

元名鉄モ580形582。他車は全て広告電車ですが、この車のみオリジナル塗装に戻されています。冬期は写真の「おでんしゃ」夏期は「ビール電車」として運行されていますが、それ以外は普通の運用に入っています。
2018年1月7日
札木

モ780形781

元名鉄モ780形781。2005年譲受。
1985年11月4日撮影
豊橋駅前~新川

モ780形787
元名鉄モ780形787。2005年譲受。
2018年1月7日撮影
市役所前

モ780形785

元名鉄モ780形785。2005年譲受。
2018年1月7日撮影
市役所前

モ3500形3502

東京都電7000形7028。1992年譲受。
2018年1月7日撮影
体育館前~東八町

モ3500形3502

2018年1月7日撮影
前畑

モ3200形2302

2018年1月7日撮影
前畑~東田坂上

モ3200形3202

ここから赤岩口方向は単線になります。
2018年1月7日撮影
競輪場前

モ3500形3501 モ780形782

3501は元東京都電7000形7009。1992年譲受。782は元名鉄モ780形782。2005年譲受。競輪場前には2両分の留置線があります。

2018年1月7日撮影
競輪場前

T1000形T1001

 2008年アルナ車両製の自社発注車。「ほっトラム」。3車体2台車タイプの完全低床車。構造上、井原の分岐の急カーブを通過出来ず、豊橋駅前~赤岩口の限定運用となっています。今のところ最後の自社発注車です。

2018年1月7日撮影
競輪場前

モ3200形3202

ここで運動公園行きが分岐します。井原~運動公園は1982年の開通です。ここのカーブが半径11mで日本一の急カーブです。
2018年1月7日撮影
井原

モ780形781

単線区間を走るモ780形。
2018年1月7日撮影
井原~赤岩口

モ3500形3503

東京都電7000形7017。2000年譲受。赤岩口には車庫があります。
2018年1月7日撮影
赤岩口

モ780形783

元名鉄780形783。
2018年1月7日撮影
赤岩口

モ800形801 モ3500形3504

元名鉄800形801。美濃町線用の低床車でした。美濃町線の廃線により、2005年譲受け。3両ありましたが、残り2両は福井鉄道に行っています。
モ3504は元東京都電7000形7021。2000年譲受。奥に予備車として残っているモ3100形3102も見えています。
2018年1月7日撮影
赤岩口