豊橋鉄道東田本線(豊橋市内線)

名鉄岐阜市内線廃止後、東海地区唯一の路面電車となった、豊橋市内を走る路面電車。
豊橋駅前から赤岩口、運動公園計、5.4kmの路線です。
1960年代から1970年代に、全国的に路面電車が邪魔者扱いされる中、豊橋市内線でも1973年に豊橋駅前~市民病院前、1976年に新川~柳生橋の柳生橋支線が廃止されました。
その後の路面電車見直しの動きから、1982年には井原~運動公園0.6kmが新規に開通。
1988年には豊橋駅前電停が300m移動しました。全国で路面電車の延長計画がある中、2015年の時点で実現しているのは、ここと、富山だけです。
豊橋鉄道には鉄道線の渥美線(ローカル線のアルバムに記載)もあります。
主に1973年と1985年の撮影です。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

モ3100形3105

名古屋市電1400形1469。
1971年譲受。2006年廃車。
現在は豊橋駅前電停はこの先300mに移設されています。
背景は5代目駅舎。
1973年11月4日撮影
豊橋駅前

モ3100形3105

1973年11月4日撮影
豊橋駅前

モ3100形3109

元名古屋市電1400形1474
3100形のラストナンバーです。2006年廃車。
1973年11月4日撮影
豊橋駅前

モ3100形3104

元名古屋市電1400形1468
2006年廃車。
上の写真の12年後です。
1985年11月4日撮影
豊橋駅前

モ3100形3107

元名古屋市電1400形1471
2006年廃車。
1973年11月4日
豊橋駅前~新川

モ3300形3301

1961年日本車輌製の元北陸鉄道金沢市内線2300形2301。
金沢市内線最後の新車でした。
2両製造され、1967年の金沢市内線廃線時、 2両とも、豊橋鉄道に譲渡。 2000年廃車。
1985年11月4日撮影
豊橋駅前~新川

モ3200形3201

1955年日本車輌製の元名鉄岐阜市内線モ580形581。
1976年に譲受。2018年現在現役です。
1985年11月4日撮影
豊橋駅前~新川

モ3200形3201

1985年11月4日撮影
豊橋駅前~新川

モ3300形3302

1961年日本車輌製の元北陸鉄道金沢市内線2300形2302。
2000年廃車。
1985年11月4日撮影
豊橋駅前~新川

モ3300形3302

1985年11月4日撮影
豊橋駅前~新川

モ3300形3302

1985年11月4日撮影
新川

モ3300形3302 モ3100形3103

モ3103は元名古屋市電1400形1467。
1985年11月4日撮影
新川

モ300形301

元北陸鉄道金沢市内線2300形2301。 移籍後、しばらくはモ300形を名乗り、金沢時代の塗装でした。 1968年にモ3300形3301に改番されていますので、 改番される直前の写真です。 ハーフサイズのオリンパスペンで撮った写真です。

1968年撮影
新川

モ3100形3103

1985年11月4日撮影
札木~市役所前

モ3200形3202

市役所前~東八町は国道1号線の上を走ります。
1985年11月4日撮影
市役所前

モ3200形3202

1985年11月4日撮影
市役所前

モ3200形3202

ここまで国道1号線上を走ります。
1985年11月4日撮影
東八町

モ3100形3107

1985年11月4日撮影
東八町