富山地方鉄道 富山市内線

富山を走る路面電車です。
1913年に富山電気軌道として開業。1920年に富山市営。1943年に富山地方鉄道に譲渡されるまで23年間は富山市電でした。
富山地方鉄道となって、笹津線、射水線との直通運転を行うなど、地方交通の中核を担ってきましたが、モータリゼーションの到来を受け、市内線は縮小を続け、笹津線、射水線も廃止。
1984年の西町~不二越駅前間の廃止まで路線の縮小は続き、南富山駅前から大学前の路線が残るのみとなりました。
21世紀になり、路面電車見直しの動きが高まり、2009年に、経路は異なりますが、1973年に廃止された環状線を復活させました。また、2006年に富山港線をLRT化した富山ライトレールとの直通を2018年度の完成を目指しており、北陸新幹線が開通した2015年度には富山駅の高架下まで延長されました。
全国で路面電車の見直し論が盛んですが、実際に路線が延長されたのは、2015年現在で、ここと豊橋のみです。
1973年と1975年と1982年の撮影ですが、富山地鉄の別の線と富山港線の撮影の合間に撮っています。上の地図の青字にリンクしています。

                 
デ7000形7009
都電8000形をモデルに1957年から1965年にかけて日本車輌で 22両製造されました。
加越能鉄道高岡市内線(万葉線)のデ700070607070形 仙台市電モハ400形等は同系車です。
モデルとなった都電8000は1972年には全車廃車されていますが、 こちらは7012以降はまだ現役で動いています。
7009は初期型で振動が激しく、1993年に廃車。
1973年3月撮影
新富山駅前(現富山トヨペット本社前)
デ7000形7019
冷房化され2015年現在現役です。
神通川を渡る富山大橋の上ですが、この当時は幅が狭く、単線でした。
現在では架け替えられ、複線化されています。
富山大橋の西側に射水線の新富山駅がありました。
1973年3月撮影
新富山駅前(現富山トヨペット本社前)



デ7000形7011
1993年廃車
1973年3月撮影
県庁前~丸の内


デ7000形7014
7000形後期形(7012~)の中で唯一2010年に廃車されました。
1975年3月19日撮影
堀川小泉    
デ7000形7013
冷房化され、2015年現在現役です。    
1975年3月19日撮影
堀川小泉   



デ7000形7013
1975年3月19日撮影
堀川小泉


デ7000形7016
冷房化され2015年現在現役。
富山市内線唯一のカラー。この当時の標準塗装です。
1982年5月2日撮影
大町
デ7000形7005
1984年西町~不二越駅前廃止時に廃車。
1982年5月2日撮影
大町
デ7000形7023
デ7000形のラストナンバー。
冷房化され現役です。 
1975年3月19日撮影
南富山駅前



デ7000形7006
7000形の初期形(~7011)は振動が大きく、1984年までに廃車。
南富山の終点です。この奥が車庫になります。
この時はまだ笹津線も残っていました。
1975年3月19日撮影
南富山駅前 


デ7000形7012
7012~は台車が改良され、2010年に廃車された7014以外は
2015年現在現役です。
1982年5月2日撮影
南富山
デ7000形7002
まだこの当時は運用に着いていたと思われます。
長期休車の後、1983年に廃車。
隣に直接制御の5000形5002が見えます。
1975年3月19日撮影
南富山
デ7000形7001 
7001~7011は都電8000形同様のインサイドフレームの台車を履いており
振動が激しく、早期に廃車となりました。
この当時は長期休車中でしたが、もうぼろぼろで翌年に廃車されています。
1982年5月2日撮影
南富山
デ3530形3534
1951年日本車輌製の自社発注車。デ3530形は5両製造。
戦後生まれの4輪単車です。機器は旧型車の流用です。
戦後製の4輪単車(復元を除く)としては岡山電気軌道の300形、 長崎電気軌道63がありますが、 いずれも1960~70年代に廃車されており、 1980年代まで残ったのは、富山地鉄だけだと思います。 除雪用として使用されており、すでに営業用ではありませんでした。
1999年廃車。
1982年5月2日撮影
南富山
デ3530形3533
3530形は2両のみ除雪用として残っていました。 ヘッドライトは2灯化され、集電装置もZパンタに改造されています。 また側面の窓もHゴム化されています。
2008年廃車。
1982年5月2日撮影
南富山

デ3530形3534
デ3534の1975年の姿です。 ヘッドライトはオヘソの一灯、窓は2段窓、集電装置はYゲルです。 改造前ですでに運用ははずれていました。
1975年3月19日撮影
南富山
デ3530形3533
デ3533の1975年の姿です。
1975年3月19日撮影
南富山
デ5010形5020
この時はすでに笹津線は廃止され、5010形は運用を失い、南富山に 留置されていました。奥にデキ6502が見えます。
1982年5月2日撮影
南富山



デ5010形5038
5010形は5031,5035、5037が野上電鉄に譲渡。
デハ10形となり、廃止まで活躍しました。
1982年5月2日撮影
南富山