土佐電気鉄道

青字にリンクしています。

土佐の高知を走る路面電車です。
1904年の開業ですから100年以上の歴史があります。
桟橋線、伊野線、後免線の3線合計で22.4kmの路線があります。
かっては後免~安芸の鉄道線(安芸線)があり、直通運転を行っていましたが、1974年に安芸線が廃止され、軌道線のみとなりました。かっての安芸線の区間は、今は、土佐くろしお鉄道が走っています。
2014年より、第三セクター「とさでん交通」となりました。
1978年11月の撮影です。路線図の路線、もしくは線名をクリックすると、その線に進みます。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

桟橋線

高知駅前から桟橋通五丁目まで3.2kmの路線です。途中、はりまや橋で伊野線、後免線と交差しています。

200形215

1950年登場の東京都電6000形のコピー車。
21両が1957年にかけて製造され、2015年現在で15両が現役です。
写真の215は2005年に接触事故を起こし、廃車されています。
高知駅前電停は2001年に高知駅の正面ロータリーに移設され、面影はありません。。
高知駅前

200形216

蓮池町通

200形216

蓮池町通

200形220

下の221とともに最後の増備された200形です。
Zパンタになっています。
はりまや橋

モ200形221

200形のラストナンバー。
桟橋線の終点です。
桟橋通五丁目の電停は2009年に整備され、面目を一新しています。 桟橋通五丁目

モ200形221

桟橋通五丁目

モ200形221

桟橋通五丁目

伊野線

はりまや橋から伊野まで11.2kmの路線です。途中、鏡川橋からは単線になります。

600形613

600形は1957年から1964年にかけて31両製造されました。 製造所は自社工場とナニワ工機(現アルナ車輌)です。 安芸線との直通運転に使用された時期もあります。 2015年現在、29両が現役で、主力として活躍しています。

こうない

600形613

朝倉から単線の専用軌道になります。
高架は国鉄土讃本線です。40年後も余り変わっていません。
咥内

600形608

伊野のあたりは単線の併用軌道です。
伊野

600形608

伊野

600形608

この頃は伊野に留置線がありました。
伊野

600形608

伊野終点です。
2018年も駅舎は建替えられていますが、雰囲気は変わっていません。

後免線

後免町からはりまや橋まで10.9kmの路線です。後免町はかっては安芸線と直通していました。現在では土佐くろしお鉄道との連絡駅です。
ほとんどが併用軌道ですが、線路が端により、線路の部分が舗装されていない区間があり、専用軌道の様に見えます。

600形

はりまや橋交差点の後免線の電停は「とでん西武百貨店前」でした。
今は「デンテツターミナルビル前」です。
とでん西武百貨店前

800形803

1959年ナニワ工機(現アルナ車輌)製の元山陽電気軌道800形。 5両あり、2015年現在現役で活躍しています。
とでん西武百貨店前

700形702

1958年ナニワ工機(現アルナ車輌)製の元山陽電気軌道700形。 4両あり、2015年現在現役で活躍しています。
とでん西武百貨店前

600形622

菜園場町

600形612

菜園場町

600形608

菜園場町

800形803

葛島橋を渡ります。葛島橋は架け替えられ、面影はありません。 知寄町三丁目

800形803

知寄町三丁目

800形804

西高須

600形607

西高須

600形607

西高須

600形621

文珠通

200形213

文珠通

200形213

文珠通

600形621

文珠通

200形213

文珠通