東京都電荒川線

青字の電停にリンクしています。

東京都が経営する路面電車「都電」は、最盛期には総延長213kmに及び、東京都内を縦横無尽に走っていました。
1903年に馬車鉄道を電車化して、東京電気鉄道として開業。京都、名古屋についで日本では3番目の電車の開業でした。
馬車鉄道の規格を引き継いで、現在でも1372mm(4'6")軌間です。都電との乗り入れの関係から、京浜急行、京王帝都京王線、東急玉川線も1372mmでしたが、この内京浜急行は1435mmに改軌しています。全国では函館市電が1372mm軌間で残っています。
モータリゼーションの到来から、自動車が増加し、運行が困難となり、1967年から1972年にかけて181kmが廃止され、地下鉄とバスに転換されました。
唯一残ったのが、1911年の王子電気鉄道として開通した荒川線です。ほとんどが専用軌道のため、運行に問題が少なく、一時はモノレール化の話もあった様ですが、そのまま残り、地域の足として欠かせない存在になっています。
六大都市の公営路面電車の中で、東京だけが残ったのは不思議な感じもします。
小さい時には東京におり、「都電」は利用していましたが、その後関西に転居し、荒川線しか撮影していません。
荒川線のみとなって間もない1973年と1981年の撮影です。右上のバナーから「都電荒川線2015~」にリンクしています。

                    
7000形7073
7000形は1954年から製造されていますが、初期の車両は車体更新
車と新製車が混じり、7001~7050は1972年までに全車廃車され、
1955年~56年に製造された7055以降の31両が荒川線に集められ
ました。
1977年から車体が更新され、番号も7001~に改番されています。
写真の7073は7019となり、2015年現在健在です。
早稲田電停付近は新目白通りの拡張に伴い、
今では、新目白通りでセンターリザベーション化されています。
1973年4月撮影
早稲田
7000形7058
早稲田~面影橋はこの当時は専用軌道でした。現在は新目白通り
の拡張により、センターリザベーション化されています。
7058は更新後7004となり、2011年に廃車。
1973年4月撮影
早稲田~面影橋
7500形7511
1962年新潟鉄工所製。7500形は、この当時、最後の新車でした。
新潟鉄工所製の都電も7500形だけです。
その後、車体更新、冷房化を経て、2011年廃車。
1973年4月撮影
早稲田~面影橋



7500形7511
1973年4月撮影
早稲田~面影橋


7000形7082
更新後は7026
2015年廃車
1973年4月撮影
面影橋
7500形7511
この頃の面影橋の電停は、神田川を渡ってすぐの所でした。
現在の電停は早稲田側に移転し、新目白通りの真ん中にあります。
1973年4月撮影
面影橋
7500形7513
1962年新潟鉄工所製。
1985年に更新を受け、2009年廃車。
このカーブの先で神田川を渡ります。
1973年4月撮影
面影橋

7000形7084
更新後は7028
1992年に廃車後、豊橋電鉄に譲渡されモ3500形3502となって
2015年現在現役です。
神田川を渡ります。
1973年4月撮影
面影橋
7000形7076
更新後は7022
1973年4月撮影
学習院下
7000形7076
この頃はここにも工場がありました。
今ではマンションになっています。
1973年4月撮影
学習院下
7000形7071
更新後は7017。2000年に廃車後、豊橋鉄道に譲渡され、
モ3500形3503。
1973年4月撮影
学習院下
7000形7055
更新後は7001
1973年4月撮影
学習院下
7000形7076
目白通りをアンダークロス。
1973年4月撮影
鬼子母神前~学習院下
7000形7071
目白通りから撮影
1973年4月撮影
学習院下~鬼子母神前



7000形7055
目白通りを越え、鬼子母神前側からの撮影です。
1973年4月撮影
学習院下~鬼子母神前


7500形7510
1962年日本車輌製。
2011年に花電車花100形に改造されています。
江戸情緒を残す、安産子安の神様、鬼子母神はすぐそばです。
1973年4月撮影
鬼子母神前
7500形7512
1962年新潟鉄工所製。
1985年に車体更新。2011年廃車。
1973年4月撮影
鬼子母神前
7000形7060
更新後は7006。
比較的早く、1991年に廃車。
1973年4月撮影
鬼子母神前



7000形7058
更新後は7004。
2011年廃車。
1973年4月撮影
鬼子母神前


7500形7509
1962年日本車輌製。
更新されず、1978年廃車。
遠くに新宿の高層ビルが見えます。
1973年4月撮影
雑司ヶ谷(現 都電雑司ヶ谷)



7000形7074
更新後は7020。
2006年に廃車。
1973年4月撮影
雑司ヶ谷(現 都電雑司ヶ谷)


7000形7017 7028
車体更新後です。
7017は元7071 7028は元7084
2輛とも廃車後、豊橋鉄道に譲渡されています。
「新庚申塚」ですが、隣の「庚申塚」とは同時に出来ています。
なぜ「新」なのかは不明。
1981年1月撮影
新庚申塚



7000形7019
車体更新後です。元7073
2015年現在現役です。
1981年1月撮影
新庚申塚


7500形7510
ここから王子駅前までが併用軌道です。
1973年4月撮影
飛鳥山
7500形7511
飛鳥山公園に沿って、王子駅前に向かいます。
春は桜の名所。
1973年4月撮影
飛鳥山
7000形7060
飛鳥山公園のシンボルだった「飛鳥山タワー」は1993年に廃止。
1973年4月撮影
飛鳥山
7500形7511
1973年4月撮影
王子駅前~飛鳥山



7000形7058
1973年4月撮影
王子駅前~飛鳥山


7500形7504
1962年日本車輌製。
2001年に廃車。その後、「PCCカー」5501とともに、
荒川車庫の「都電おもいで広場」に保存されています。
前年に廃止された赤羽行きの線路がまだ残っていました。
今はこの上を新幹線が走っています。
1973年4月撮影
王子駅前



7500形7520
7500形ラストナンバー。1962年新潟鐵工所製。
1985年車体更新。2011年廃車。
1973年4月撮影
荒川車庫前


7500形7506
1962年日本車輌製。
1985年車体更新。2008年廃車。
小台~熊野前間は併用軌道でした。
現在ではセンターリザベーション化されています。
1973年4月撮影
小台



7000形7089
当時残っていた7000形のラストナンバー。
車体更新後は7031
左手は尾久八幡神社。
1973年4月撮影
宮ノ前


7000形7084
1973年4月撮影
熊野前~宮ノ前



7500形7505
1962年日本車輌製。
1986年車体更新。2011年廃車。
1973年4月撮影
東尾久三丁目


7500形7516
1962年新潟鉄工所製。
1984年車体更新。2010年廃車。
ここは道路に挟まれた専用軌道です。
1973年4月撮影
町屋二丁目
7000形7078
車体更新後は7024
京成線のガードが見えます。
1973年4月撮影
町屋一丁目(現 町屋駅前)



7500形
京成町屋駅と連絡しています。
利用者も多く、下町風情のある電停でした。
1973年4月撮影
町屋一丁目(現 町屋駅前)


7000形7089 7500形7503
三ノ輪橋終点です。この頃は二面二線の終点でした。
今はこうなっています。
1973年4月撮影
三ノ輪橋



7000形7089 7500形7503
1973年4月撮影
三ノ輪橋