札幌市電

札幌を走る路面電車です。
1918年に札幌電気軌道として開業。前身は石材輸送用の馬車鉄道だったそうです。1927年に市営化されました。最盛期の路線延長は25kmあり、日本では珍しいディーゼルカーを使用していた路線もありました。
車両は丸みを帯びた「札幌スタイル」が特徴です。
また、連接車も積極的に導入していました。そのうちA830形が三編成、名鉄に譲渡され、美濃町線870形となっています。
ここも1960年代から乗客の減少が始まり、1966年に1972年の札幌オリンピックの開催が決まると、地下鉄の建設が始まり、路線の縮小が始まり、1974年以降、現在の路線のみとなっています。
ここも路面電車は見直されており、西4丁目~すすきの約400mが2015年度中に復活の予定で、環状運転が実現します。また、札幌駅前までの延長計画もある様です。
ここは、北海道旅行の際、駆け足で撮影しただけで、写真は少ないです。
全て、1975年7月25日の撮影です。

220形221
1959年泰和車両製。
2015年現在現役です。
創成小学校前(現資生館小学校前)
220形221
創成小学校前(現資生館小学校前)
220形222
同じく1959年泰和車両製
220形は6両製造され、221 222のみ健在です。
すすきの
330形335
1958年日立製作所製。
2000年廃車。330形は残っていません。
すすきの
330形331
1958年日立製作所製
2001年廃車
すすきの