西鉄北九州線八幡~折尾

表題は八幡~折尾となってますが、黒崎付近での撮影です。黒崎駅前~熊西は筑豊電鉄線として現存しており、2015年から資産としても筑豊電鉄に移管されています。「鉄都」からかっての「炭都」の名残のある街に入って行きます。
1974年7月23日の撮影です。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

1000形1024AB
1958年近畿車輛製。
譲渡される事無く廃車。
黒崎車庫前
黒崎車庫はそのまま筑豊電鉄の車庫になっています。
1000形1021AB
1958年近畿車輛製。
1987年に筑豊電鉄に譲渡。2116ABとなりました。
その後車体が更新され3000形となっています。
折尾行きですので北九州線の電車です。
上の写真の反対方向を撮っています。
黒崎車庫前
600形647
1953年近畿車輛製。1992年廃車
黒崎車庫前
600形620
1952年近畿車輛製。1992年廃車
熊西~黒崎車庫前
1000形1049AB
1961年日本車輌製。1985年に筑豊電鉄に譲渡され2109。
車体更新されることなく廃車されています。
熊西~黒崎車庫前
1000形1059AB
1964年日本車輌製。1985年に筑豊電鉄に譲渡され2116。
車体更新され、3000形となっています。
熊西~黒崎車庫前
1000形1012AB
1955年川崎車輛製
譲渡されることなく廃車。
三菱化学の三本煙突が見えます。
熊西~黒崎車庫前
1000形1064AB
1967年九州車両製。1000形のラストナンバーです。
譲渡されることなく廃車。
熊西~黒崎車庫前
500形508
1948年汽車製造製 
500形は1976年~77年に廃車されましたが、
501、502、504が広島電鉄に譲渡され、600形601~603になっています。
この内602が2015年現在、現役です。
熊西~黒崎車庫前
600形639
1952年新潟鐵工所製 1992年廃車
鹿児島本線の421系とツーショット。
皇后崎~熊西