南海電鉄大和川検車区

我孫子道の電停に隣接して、大和川の堤防の下にあります。
敷地の関係でトラバーサーの奥側の有効長がとれないため、小形の入換え用の車輌があったり、電動貨車がいたり、この当時はモ205型の古いのが残っていました。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

デト11

まだ三角帽子の尾灯をつけていました。
1971年8月撮影

デト11

普通の尾灯に変っています。 2000年に廃車となり、車籍は失っていますが、構内入換え用に使用されています。

1975年8月撮影

TR1

前述の通りトラバーサーの奥に余裕がないために、自社工場でつくられた、入換え用の機械です。 現在でも使用されています。
1975年8月撮影

TR2

TR1と同じ目的で、散水車を改造してつくられました。 台車はブリル21E。 現在でも使用されています。

1975年8月撮影

モ205形205

モ205形のトップナンバー。205~210は1段下降窓、2枚引扉で、他車とは異なっていました。
1975年8月撮影

モ205形207

三角帽子の尾灯をつけています。
1975年8月撮影

モ205形209

2枚引扉。故障が多く、205と209以外は1枚引扉に改造されています。
1975年8月撮影

モ205形212

1976年に廃車され、堺市内の幼稚園に保存されています。
1975年8月撮影

モ205形217

ノーマルな形態のモ205形。
和歌山県立交通公園で保存されています。
1975年8月撮影

モ121形128

元大阪市電1601形。
1975年8月撮影

モ161形173

173は2003年に廃車。
1975年8月撮影

モ301形307

モ151形を間接制御に改造した車輌。外観は変りません。
2000年に廃車。
1975年8月撮影