島原鉄道

青字にリンクしています。

長崎本線の諫早から、加津佐まで78.5kmを結んでいました。
1911年開業。1913年に現在の南島原まで開通しています。
一方、加津佐までは1928年に口之津鉄道として開通しました。1943年に島原鉄道が口之津鉄道を合併。
諫早~加津佐が島原鉄道となりました。
1958年から1980年まで国鉄へ直通運転も行っており、車両も当時の国鉄の水準の車両を使用しています。
1991年には雲仙普賢岳の噴火で南島原~布津が約半年不通となりました。
2008年に島原外港~加津佐35.5kmが廃止。現在に至っています。 
1930年まで1号機関車が在籍していたことでも有名です。
キハ55が主力だった1975年の訪問です。
1975年2月23日撮影

キハ4500形キハ4501
1953年製の自社発注車。
国鉄キハ17(キハ45000)を自社向けにアレンジしたもの。
4両ありました。
諫早
キハ4500形キハ4501
諫早
キハ4500形キハ4505
南島原
キハ4500形キハ4505
南島原



キハ4500形キハ4503 キハ4502
南島原


キハ55形キハ5502
1960年帝国車両(現総合車両製作所)製の自社発注車。
国鉄キハ55を両運転台にした車両です。
国鉄の急行に併結し、博多 小倉まで乗り入れていました。
国鉄の同型車と識別しやすくするため、3本ヒゲ塗装です。
2000年廃車。
南島原
キハ55形キハ5503
1960年富士重工製の自社発注車
2000年廃車。
南島原
キハ55形キハ5503
南島原
キハ26形キハ2603
1964年川崎車輌製の自社発注車。
キハ55の1エンジンタイプで外観は同じです。
1997年廃車
南島原
キハ20形キハ2003
1958年帝国車両(現総合車輌製作所)製の自社発注車。
キハ20はその後国鉄と水島臨海鉄道から15両転入してきて
島原鉄道の主力となりますが、この頃は自社発注の3両のみ
でした。2008年の部分廃止時に廃車。
南島原
D37形D3702
1968年川崎車輌製の自社発注機。
貨物列車の牽引に活躍していました。
この機関車の導入により、C12を置き換えました。
1984年に貨物列車が廃止され、1988年廃車。
南島原
ワフ52
国鉄貨車+荷物車+緩急車
地方私鉄の貨物列車です。
南島原
D37形D3702
南島原
D37形D3701
D37形は3両ありました。
このD3701も1988に廃車。
D3703が1999年まで生き残り、
深江桜パークで保存されています。
南島原
キハ200形キハ201
1934年日本車輌製の元中国鉄道(現JR西日本吉備線)
のガソリンカーキハニ170→国鉄キハニ170  1950年入線
1957年にディーゼル化。
元中国鉄道の気動車には水島臨海鉄道キハ305等があります。
南島原
キハ200形キハ201
諫早側にはバケットなし。
南島原
キハ250形キハ253
1933年日本車輌製の元中国鉄道キハニ150
→国鉄キハニ150 1952年入線。
左にニ107が写ってますが、こちらは、
1937年日本車輌製の元口之津鉄道カ6→島原鉄道キハ107
を1960年に荷物車に改造した車輌です。
南島原
ユニ200形ユニ202
1933年日本車輌製の元中国鉄道キハユニ110
→国鉄キハユニ110 1950年入線 キハ202となり、
その後郵便荷物車に改造されています。
南島原
ワ83
貨車を救援車として使用していました。
南島原
モーターカー
南島原



南島原駅


キハ55形キハ5502
東大屋
キハ55形キハ5502
東大屋



ユニ202
東大屋



キハ55+ニ211
加津佐
ニ211
1937年川崎車輌製の元中国鉄道(現JR西日本吉備線)キハニ210
→長門鉄道(1956年廃止)キハ10
→防石鉄道(1964年廃止)キハ103
1965年入線。入線時に客車化されています。
右はユニ202 バケットが残っていました。
加津佐
加津佐駅