鹿児島交通

鹿児島本線の伊集院から指宿枕崎線の枕崎まで49.6kmを結んでいました。
1914年に南薩鉄道として、伊集院~加世田間が開業。1931年に枕崎まで全線開通。1964年に鹿児島交通。伊集院から西鹿児島まで国鉄に乗り入れ、直通運転をしていた時期もありました。
指宿枕崎線と薩摩半島を一周する路線を形成していました。
1983年に豪雨のため全線不通となりその後日置~加世田間が復旧しましたが、1984年に全線廃止。
まだ廃止の話の無かった、1975年の訪問です。
1975年3月1日撮影

加世田駅
薩摩半島西岸の中心都市で、車庫がありました。
かってはここから万世線(薩摩万世まで2.7km1962年廃止)
一つ伊集院寄りの阿多から知覧線(知覧まで16.3km1965年廃止)
が出ていました。
キハ100形キハ102
1952年川崎車輌製の自社発注車。
国鉄キハ07と同型です。6両導入され、
内2両が郵便荷物車に改造されています。
日置
キハ100形キハ102
日置



キユニ100形キユニ101+キハ104
前述の郵便荷物車改造車との混合編成。
日置


キハ100形
加世田付近
キハ100形
加世田付近
キハ100形
加世田付近
キハ300形キハ302
1954年川崎車輌製の自社発注車。
国鉄キハ10形の類似形式ですが、
キハ10より早く登場しています。
加世田付近
キハ300形キハ302
加世田付近



キハ100形キハ104+キユニ101
加世田付近


キハ100形キハ103 キハ300形キハ303
加世田
キハ100形キハ106
加世田
キハ100形キハ103
加世田
キハ300形キハ303
加世田
キユニ100形キユニ105
キハ100形の内、101と105が郵便荷物車に改造されていました。
加世田
キハ100形キハ106
加世田
キハ100形キハ102
加世田
加世田駅
木造客車が放置されていました。
36BBH形DD1202
1962年三菱重工製の自社発注機。
形式の36BBHとは昭和36年式BB軸8気筒の意味だそうです。
加世田
4号機
1926年日本車輌製の自社発注機。
1963年に廃車となっていますが、加世田に保存されていました。
現在も加世田駅跡のバスセンターで保存。
加世田
1号機
1913年ドイツ HANOMAG製。
開業に当たり準備された機関車です。
加世田
テフ25
元国鉄ユニ3996。1940年譲受。
貨物列車の緩急車として、遅くまで使用されていたようです。
加世田
エ4
1933年日本車輌製の元南薩中央鉄道キハ1→キハ4。
南薩中央鉄道は加世田の一つ伊集院寄りの阿多から知覧までの 路線で、鹿児島交通知覧線となり、1965年に廃止されています。
万世支線(1962年廃止)で使用後、1958年に救援車となりました。
加世田
ホユニ66
1936年に鹿本鉄道(山鹿温泉鉄道)より譲受。
福岡の岡部鉄工所というローカルメーカー製。
加世田駅に留置されていました。



キユニ101+キハ104
加世田付近


キハ300形キハ302
枕崎
キハ300形キハ302
枕崎
キハ300形キハ302
枕崎