筑豊電鉄

黒崎駅前から筑豊直方まで16.0kmを結んでいます。
1956年に貞元(現熊西)~筑豊中間が開業。
西鉄北九州線の廃止まで、西鉄北九州線と相互乗り入れを行っていました。
また、当初は自前の車輌は無く、すべて西鉄北九州線の車輌でした。1976年から西鉄福岡市内線の1300形、1200形を、1977年からは北九州線の1000形を譲受け、自社の2000形としています。
1959年に筑豊直方まで開通。元々は福岡まで伸ばす計画でしたが、ここまでで終わっています。
2000年に西鉄北九州線が全廃されると熊西~黒崎駅前は第二種鉄道事業者となり、現在に至っています。
まだ全車両が西鉄の車輌だった1974年の訪問です。 1974年7月23日撮影

西鉄1000形1038
1959年近畿車輛製。
この編成は西鉄に残り、1992年の北九州線部分廃止のときに、
廃車されています。
遠賀川を渡るとすぐ、終点の筑豊直方です。
筑豊直方
西鉄1000形1033
1959年近畿車輛製。
この編成は1985年に筑豊電鉄に譲渡。2102となりました。
2006年までに廃車。
筑豊直方
西鉄1000形1041
この編成は西鉄に残り、1992年の北九州線部分廃止のときに、
廃車されています。
楠橋~筑豊香月
西鉄1000形1057
1962年日本車輌製。中間は1963年製。
西鉄に残り、1992年までに廃車されています。
楠橋
西鉄1000形1054
1962年日本車輌製。中間は1963年製。
西鉄に残り、1992年までに廃車されています。
楠橋

九州地方