岡山臨港鉄道

青字にリンクしています。

宇野線の大元から岡山港まで8.1kmを結んでいました。
元は戦時中に、この地区の工場を結ぶ専用線として建設が開始されたそうです。
戦後、1947年に汽車製造岡山製作所の専用鉄道として開通。
汽車製造岡山製作所が閉鎖され、1951年に地元企業と岡山県 岡山市が出資し岡山臨港鉄道となり、旅客輸送を開始しました。第三セクターの走りのような存在です。
1984年に国鉄の貨物合理化に伴い、貨物輸送が激減。廃止されました。
1972年と廃止直前の1984年の訪問です。

     
キハ7001
1958年新潟鉄工製の元夕張鉄道キハ301→水島臨海鉄道キハ301
1978年入線。
廃止まで主力でした。
1984年5月3日撮影
大元
キハ1003
1972年3月13日撮影
大元
キハ1003
1972年3月13日撮影
大元
キハ7001
1984年5月3日撮影
大元



キハ7001
1984年5月3日撮影
大元


キハ7001
湘南顔の反対側は切り妻の運転台。夕張鉄道時代に改造されています。
このあたりは児島湾干拓の際の堤防跡を走っていました。
1984年5月3日撮影
岡南福田付近
キハ7001
1984年5月3日撮影
岡南福田付近
キハ7001
1984年5月3日撮影
岡南福田



キハ7001
1984年5月3日撮影
岡南福田付近


キハ1003
1972年3月13日撮影
岡南元町



南岡山駅
貨物専用の駅で車庫がありました。
旅客列車の終点、岡南本町から300mで、同じ構内の感じでした。
1984年5月3日撮影


キハ7001
1984年5月3日撮影
南岡山
キハ7001
1984年5月3日撮影
南岡山
キハ7001
1984年5月3日撮影
南岡山
キハ7002
1955年新潟鉄工製の元夕張鉄道キハ252→水島臨海鉄道キハ302
1978年入線
1984年5月3日撮影
南岡山
キハ7003
1955年新潟鉄工製の元夕張鉄道キハ253→水島臨海鉄道キハ303
1978年入線
1984年5月3日撮影
南岡山
ナハニフ153
元夕張鉄道→水島臨海鉄道の客車です。
キハ7000型が来たときに一緒に引き取られましたが、入籍もされず
放置されていました。
1984年5月3日撮影
南岡山
キハ1003
1951年宇都宮車輌(現富士重工)製の元常磐炭鉱キハ21。
1959年入線。全長12.2mの小型車でした。
廃止直前に紀州鉄道に行きましたが、一回も使われず、2000年に 「ふるさと鉄道保存協会」に譲渡され、現在も有田鉄道金屋口駅跡で保存 されています。
1984年5月3日撮影
南岡山
キハ1003運転台
1972年3月13日撮影
キハ5001
1937年日本車輌製の元江若鉄道キニ12。
1970年入線。
廃止時まで使用され廃車。
1984年5月3日撮影
南岡山