高松琴平電鉄

1943年に戦時統合により、琴平電鉄、高松電気軌道、讃岐電鉄の3社が統合され、設立。現在の琴平線、長尾線、志度線です。
四国ではもっとも路線延長の長い私鉄です。
車輌も前身からの引継ぎ車あり、自社発注あり、大手私鉄からの払い下げあり、廃止になった地方私鉄から来たものあり、とバラエティーに富んでいました。
1994年の瓦町駅改良工事の際、駅ビルに百貨店のそごうを誘致し、ことでんそごうを開店しましたが、
2001年にそごうグループの破綻の影響を受け、琴電自身が民事再生法の適用を申請しています。
2006年には再生計画終了。盛業中です。
ここの形式と車番の関係は独特で、琴平線の場合、車番は形式より1桁少なく、かつ2桁目が進み、1桁目は0もしくは5。
長尾線、志度線は形式と車番の桁数は一致しています。その間で車輌の入れ替えがあり、複雑になっています。
まだ旧型車が活躍していた1984年の訪問です。
1984年5月2日 3日撮影

長尾線へ志度線へ

琴電琴平線

金刀比羅宮への参詣路線として、1926年に琴平電鉄として開業。高松築港から琴電琴平まで32.9kmを結んでいます。
途中瓦町で志度線、長尾線と連絡しています。この頃は志度線と直通運転していましたが、1994年の瓦町駅改良工事に伴い、志度線を分断し、長尾線と直通するようになりました。
高松築港から栗林公園まで複線です。

            
30形
元京浜急行230形。
志度線の直通車です。
高松城の堀に沿って走っています。
高松築港~片原町
1020形×2+1060形
1020形は元名鉄3700形。
1060形は元阪神5101形。
高松築港~片原町
820形
元豊川鉄道クハ100形→国鉄クハ5610形
高松築港~片原町
3000形
開業時からの自社発注車。
高松築港~片原町



1050形
元阪神5001形
高松築港~片原町



1050形1051
1958年日本車輌製の元阪神5001形5001。
1977年入線
2003年廃車。
瓦町
1060形1061
1960年川崎車輌製の元阪神5101形5107。
1981年入線
2006年廃車
仏生山
8000形810
1940年木南車輌製の元豊川鉄道クハ101→国鉄クハ5610
国鉄時代は福塩線で使用されていました。
1962年に譲受。
1981年の更新で2灯化され、外観の印象が変わりました。
2003年廃車。高松市内で保存。
瓦町
820形820
1940年木南車輌製の元豊川鉄道クハ102→国鉄クハ5611
こちらは電装され、形式も820形となっています。
こちらも更新されていますがヘッドライトは1灯のまま。
2003年廃車。高松市内で保存。
瓦町
8000形810
仏生山
1020形1028
1957年から旧型の機器を流用し日本車輌で製造された元名鉄3700系ク2705
1020形は1969年~1973年に8編成16両が入線しています。
2004年までに廃車
瓦町



1020形1027
元名鉄3700系モ3705
瓦町



1020形1035
元名鉄3700系モ3710
仏生山
1020形1034
元名鉄3700系モ2714
仏生山
5000型520
1928年加藤車輌製の自社発注車。
1985年廃車。
仏生山
5000形500
1928年加藤車輌製の自社発注車。
動態保存車として健在です。
仏生山
1013形1017
1959年~1963年に東洋工機で製造された元三岐鉄道モハ120形モハ122。
1020形とよく似ています。
1982年入線。
2005年廃車。
仏生山
950形960
元国鉄オハ31299。客車改造の制御車です。
台枠のみ利用し車体は新製されています。
1964年に譲受、1966年竣工。
1984年廃車
仏生山
10000形1002
1952年日立製の自社発注車。
琴平線の急行用として新製されました。
「こんぴら号」の愛称がありました。
1986年廃車
仏生山
10010形1011
1960年帝国車輌(現総合車輌製作所)製の自社発注車。
今のところ琴電最後の自社発注車です。
1011が電動制御車です。
琴平線の急行用で、「こんぴら2号」の愛称がありました。
元は前面2枚窓の湘南顔でしたが、1979年に改造されています。
2003年廃車。
仏生山
10010形1012
制御車です。
同じく2003年廃車
仏生山
デカ1
1957年自社製の電動貨車。
仏生山車庫の入れ替え用として健在です。
仏生山