同和鉱業片上鉄道

青字にリンクしています。

岡山県の東部の瀬戸内海に面した片上(片上港)から山陽本線の和気を通り、柵原鉱山まで33.8kmを結んでいました。
1923年に片上~和気が開業。1931年に柵原まで全線が開通しています。柵原鉱山で産する硫化鉄鉱を片上港まで運ぶのが目的でした。1957年の同和鉱業が買収。同和鉱業片上鉄道となりました。秋田県の小坂鉄道も同じ同和鉱業の経営でした。
1987年には鉱石輸送をトラックに切り替え。1991年に全線が廃止されています。
まだ廃止の話の無かった1986年の訪問です。
1986年11月3日撮影

DD13-552+ホハフ3000+ホハフ2000×4
DD13-552は廃止まで使用され、片上駅跡で保存。
ホハフ3000は元国鉄オハ35。1981年入線。



キハ802 キハ801
2両とも小坂鉄道よりの移籍車です。
片上


キハ702
元国鉄キハ075
1968年にヘッドライトの位置変更等の改造を受けています。
同僚のキハ701は1973年に水島臨海鉄道に譲渡され、キハ321となりました。
廃線まで使用され、廃止後は柵原ふれあい鉱山公園で動態保存。
片上
キハ303
元国鉄キハ41071
1952年入線。キハ41000は4両在籍しましたが、このキハ303のみ最後まで 残り、廃止まで使用されました。
キハ301は別府鉄道に譲渡されキハ101となっています。
廃止後は柵原ふれあい鉱山公園で動態保存。
片上
DD13-555
1968年日本車輌製の自社発注機。
国鉄DD13型と同型です。
1988年廃車。
片上
キハ801
一番上のキハ802とともに小坂鉄道より移籍。
小坂鉄道キハ2100型関東鉄道キハ800は同型車です。
廃止まで使用され、廃止後は備前市内で静態保存。
片上



片上駅構内


キハ802
和気駅を出てからすぐ、山陽本線をオーバークロスし、この鉄橋を渡りました。
山陽本線の車窓からも見え、片上鉄道の第一印象です。
和気~本和気



キハ802
和気~本和気


キハ802
杖谷
キハ802
美作飯岡~さい



キハ802
吉ヶ原~美作飯岡


キハ802
柵原
キハ802
柵原
中四国地方