可部線

山陽本線の横川から可部まで14kmを結んでいます。
1909年に大日本軌道広島支社として開業しました。762mm軌間の軽便鉄道でした。
1919年に可部軌道。1926年に広島電気に合併。1930年には全線の改軌、電化が完成しました。
1931年に広浜鉄道。1936年に国鉄に買収され可部線となりました。1954年に加計まで延長。可部から先は非電化でした。
1969年には三段峡まで延長。さらに浜田までの延長工事を開始しましたが、国鉄再建法により工事中止。
1987年にJR西日本に引き継がれました。2003年に可部~三段峡が廃止され現在に至っています。
広浜鉄道のモハ90形→国鉄モハ90形が3両熊本電鉄に譲渡され、モハ71~73になっています。モハ71(モハ90001)は入替用として健在です。また、モハ72(モハ90003)は横川で被爆し、中破しましたが、戦後復活した被爆電車です。
まだ17m級国電が活躍していた1975年から1980年代にかけて数回訪問しています。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

73系

1984年5月4日撮影
横川~三滝

73系

1984年5月4日撮影
横川~三滝

73系

1980年9月15日撮影
横川~三滝

73系

1984年5月4日撮影
三滝

73系

1984年5月4日撮影
三滝

73系

1984年5月4日撮影
三滝

73系

1984年5月4日撮影
三滝

クモハ73001+クハ79326

1980年9月15日撮影
三滝~安芸長束

73系

1980年9月15日撮影
梅林~上八木

73系

1980年9月15日撮影
梅林~上八木

73系

1980年9月15日撮影
梅林~上八木

キハ25他

三段峡から直通の気動車です。
1980年9月15日撮影
梅林~上八木

73系

1984年5月4日撮影
梅林~上八木

73系

この頃は横川どまりが多かったですが、広島まで直通の列車もありました。 今では全列車が広島まで直通しています。

1984年5月4日撮影
山陽本線 横川~広島

73系

1984年5月4日撮影
山陽本線 横川~広島

73系

1984年5月4日撮影
山陽本線 横川~広島

73系

1978年8月撮影
広島

クモハ12032

17m級国電が活躍していた1975年の撮影です。
1975年3月3日撮影
横川

クモハ12032

1975年3月3日撮影
横川

クモハ12021

1975年3月3日撮影
横川

クモハ12021

1975年3月3日撮影
横川

クモハ12017

1975年3月3日撮影
横川

クモハ12031

1975年3月3日撮影
横川

クハ16511

1975年3月3日撮影
横川

クモハ11211

1975年3月3日撮影
横川

クモハ11205

1975年3月3日撮影
横川

クハ16477

1975年3月3日撮影
横川

クモハ11117

1975年3月3日撮影
横川

クハ16477

1975年3月3日撮影
横川