伊予鉄道

松山市駅を基点として、松山観光港近くの高浜までの高浜線9.4km、横河原まで13.2kmの横河原線、伊予市の郡中港まで11.3kmの郡中線、および松山市内線があります。
夏目漱石の小説「坊ちゃん」に出てくることでも有名です。
1888年に松山(現松山市)~三津間(現高浜線)が開業。762mm軌間の軽便鉄道でした。1893年に横河原線開業。
1900年に道後鉄道、南予鉄道を合併、道後線(現在は松山市内線)郡中線となりました。
1911年に道後線を改軌。1931年に高浜線を改軌と同時に電化。また、横河原線を改軌しました。1937年に郡中線を改軌。全線が1067mm軌間となっています。1950年に郡中線電化。1967年に横河原線が電化され、全線の電化が完成しました。
松山には何度か行っているのですが、ついでの撮影しかしておらず、写真が少ないため、市内線も一緒にしています。
1975年11月23日撮影

モハ200形モハ201
1931年日本車輌製の自社発注車。元モハニ201。
高浜線電化時に導入されました。
1984年廃車。
松山市内線と平面交差しています。現在、路面電車との平面交差は、 日本ではここだけとなりました。
大手町
モハ200形モハ201
大手町~松山市
モハ100形モハ101
1931日本車輌製の自社発注車。
やはり高浜線の電化時に導入されました。
1985年にモハ106が銚子電鉄に譲渡され、デハ801となりました。
1984年廃車。
大手町~松山市
モハ50形モハ59
1957年ナニワ工機(現アルナ車輌)製の自社発注車。
現役です。
松山駅前
モハ50形モハ59
大手町駅前
モハ50形モハ57
1954年ナニワ工機(現アルナ車輌)製の自社発注車。
現役です。
松山市駅前
モハ50形モハ75
1965年帝国車輌(現総合車輌製作所)製の自社発注車。
現役です。
大手町駅前
モハ50形モハ1003
1959年ナニワ工機(現アルナ車輌)製の元呉市電1003。
2001年に事故で廃車。
元呉市電は3両ありましたが2002年と2004年に残る2両も廃車されました。 2004年に廃車された1001が里帰りし、呉市で保存されています。
松山市駅前