福塩線

山陽本線の福山から芸備線の塩町まで78kmを結んでいます。
そのうち、福山~府中間23.6kmは電化され、府中以北とは大きく異なっています。
1914年に両備軽便鉄道として福山~府中が開業。762mm軌間の軽便鉄道でした。1926年に両備鉄道と改称しますが軽便鉄道のまま、1927年に電化。1933年762mm軌間の軽便鉄道のまま国有化され福塩南線となりました。1935年に改軌され、1067mm軌間となっています。1938年に全線開通。福塩線となりました。
ここでは、元両備鉄道の福山~府中間を取り上げています。まだ旧型国電が活躍していた1975年と70系に置き換わった1980年の訪問です。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

70系

全金属製の300番台が多く入線していました。
1981年に105系に置き換えられ廃車。
1980年11月撮影
福山

70系

1980年11月撮影
福山

70系

1980年11月撮影
福山

70系

1980年11月撮影
福山

70系

1980年11月撮影
福山

70系 キハ20

キハ20は塩町行きです。
1980年11月撮影
福山

70系

1980年9月16日撮影
横尾~備後本庄

キハ20×4

1980年9月16日撮影
横尾~備後本庄

70系

1980年9月16日撮影
横尾~備後本庄

70系

1980年9月16日撮影
横尾~備後本庄

70系

1980年9月16日撮影
横尾~備後本庄

70系

1980年9月16日撮影
神辺~横尾

70系

1980年9月16日撮影
湯田村~神辺

70系

1980年9月16日撮影
湯田村~神辺

70系

1980年9月16日撮影
湯田村~神辺

70系

1980年9月16日撮影
湯田村~神辺

70系

1980年9月16日撮影
道上~湯田村

70系

1980年9月16日撮影
万能倉~道上

70系

1980年9月16日撮影
万能倉~道上

70系

1980年9月16日撮影
万能倉~道上

70系

1980年9月16日撮影
万能倉~道上

70系

1980年9月16日撮影
近田~駅家

70系

1980年9月16日撮影
近田~駅家

キハ20×4

1980年9月16日撮影
戸出~近田

70系

1980年9月16日撮影
戸出~近田

70系

1980年9月16日撮影
府中

クハ76

1980年9月16日撮影
府中

クハ76308

1980年9月16日撮影
府中

クモハ32000

元モハ42002から4扉改造されました。
府中電車区で入れ替え用に使われていました。
1980年9月16日撮影
府中

クハ68024

1977年に70系に置き換わっています。
1975年3月5日撮影
府中

クモハ51062

1975年3月5日撮影
府中

クモハ51067

1975年3月5日撮影
府中

クハ68036

1975年3月5日撮影
府中

クモハ51066

1975年3月5日撮影
府中

クモハ51

1975年3月5日撮影
福山