野上電鉄

青字にリンクしています。

紀勢本線海南駅の隣の日方から登山口まで11.4kmを結んでいました。登山口とは生石高原への登山口だそうです。
この沿線はタワシやロープの産地として知られ、その製品を港のある海南に運ぶため、1916年に開業しました。
紀勢西線(現JR西日本紀勢本線)が海南を通り箕島まで開通したのは1924年ですので紀勢西線より早い開業です。
戦後は、特産品の輸送はトラックに替わり、1971年には貨物輸送を廃止、同時に全線廃止の方針を打ち出しましたが、第一次オイルショックにより見直され、1975年に撤回、自治体の補助により延命されました。1992年に国の補助金見直しにより支援打ち切り対象となり、1994年に廃止、会社も解散しました。
まだ最初の廃止方針の撤回をしていない1974年の訪問です。電車は薄汚れていましたが、この頃は末期にあった様な不快なことはありませんでした。
1974年8月撮影

モハ20形モハ27
1932年に鋼体化された元阪神700形707。
1959年譲受。
1994年廃止時廃車。
登山口
クハ100形クハ101
1934年に日本車輌で鋼体化された元阪神1111形1118。
1960年譲受。
廃止時廃車。
登山口。



モハ20形モハ27
登山口~下佐々


クハ100形クハ102
元阪神1121形1128
動木
クハ100形クハ102
動木
クハ100形クハ102
動木
モハ30形モハ31
元阪神1121形1130
動木



モハ30形モハ31
動木


モハ30形モハ31
紀伊野上



クハ100形クハ102
紀伊野上


クハ100形クハ104
元阪神1121形1122
野上中
モハ30形モハ32
元阪神1141形1150
野上中



モハ30形モハ32
野上中


クハ100形クハ104
紀伊阪井



モハ30形モハ31
紀伊阪井


モハ30形モハ32
幡川
モハ50形
元阪神861形「喫茶店」
すでに廃車され解体待ち。
日方