京阪電鉄京津線石山坂本線

京阪三条から浜大津まで7.5kmの京津線と、石山寺から比叡山の麓、坂本まで14.1kmの石山坂本線から成ります。
浜大津付近は今でも路面を走り、また、かっては京阪三条から御陵の間が路面を走っていました。
現在では京都市営地下鉄東西線と相互乗り入れを行っています。
かってはトロリーポールを使用していました。 京阪沿線に住んでいた期間が長かったのですが、京都に行くと、京都市電、叡電、嵐電がメインになり、ついでに撮った写真が多いです。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

500形504

1979年に260形から改造され、新性能化。
1500Vへの昇圧が出来なかったことと、非冷房であったため、 1993年に廃車となりましたが、車体も台車も700形に引き継がれています。
写真は地上駅時代の三条京阪です。今電車の停まっている線路が、 京阪本線につながっていました。
1981年3月撮影
三条京阪

500形502

1981年3月撮影
三条京阪~東山三条

80形84

1961年近畿車輛製。 吊り掛け式ながら、高性能車でした。 新しいデザインにポール集電のアンバランスが魅力でした。 1970年にパンタ化。1972年に2両固定編成化。 1989年に冷房化。1997年の地下鉄東西線開通で用途を失い廃車。
ポール時代の写真は1枚だけです。

1968年撮影
京阪三条

80形94

パンタ化され2両固定編成された姿です。
写真の94は最初から片運転台で落成しています。
1981年3月撮影
東山三条~蹴上

80形89

この路面区間は1997年の地下鉄東西線開通で廃止。
1981年3月撮影
東山三条~蹴上

80形90

上の写真の後追いです。
1981年3月撮影
東山三条~蹴上

300形302

初代300形の機器を流用し、1965年から導入。川崎車輌製。 台車はブリルMCB。まさに車体だけ新車でした。 この頃の京阪にはこの手の電車が多かったです。 1970年にパンタ化。1984年には廃車となりました。 車体は600形に流用されています。

1968年撮影
京阪三条~東山三条

260形273

1959年日立製。 京阪線の旧型車の機器を流用しており、台車はブリルMCB。 この頃は準急用として主力でした。 1988年に廃車されましたが、車体は600形に流用されています。

1981年3月撮影
東山三条~蹴上

350形359

石山坂本線の専用車。
1967年に京阪本線800型の機器を流用し製造されました。
1992年に廃車
1972年9月撮影
浜大津

350形360

浜大津付近の路面区間。ここは今でも路面です。
1972年9月撮影
浜大津

260形267

1972年9月撮影
穴太

260形274

1972年9月撮影
穴太

350形361

1972年9月撮影
松ノ馬場

260形278

260型も使用されていました。 この頃はまだ単線で複線用のスペースだけ用意されていました。
1972年9月撮影
松ノ馬場

260形277

上の写真の後追いです。
1972年9月撮影
松ノ馬場