京阪電鉄交野線

青字にリンクしています。

京阪本線の枚方市から私市まで6.9kmを結んでいます。大都市近郊のローカル線です。
1929年に信貴生駒電鉄として開業。1939年に交野電気鉄道、1945年には京阪神急行電鉄に合併されます。
1949年に京阪電鉄が分離。京阪交野線となりました。1992年に全線が複線化。
この沿線に住んでいた期間が長く、散歩がてらに撮影しています。
この頃は京阪本線でかってスターだった電車が運用されていました。。
まだ、大阪の近郊とは思えない田園風景が広がっていました。

500形505 1100形1101
1968年撮影
村野
1100形1106
1937年汽車会社製。
1968年撮影
村野
1100形1101
1937年日本車輌製。1100形は最初からロングシートでした。
1967年4月撮影
村野
1000形1002
1938年川崎車輌製。かっては京阪本線で特急に運用されていたスターも
晩年は交野線で過ごしました。1970年廃車。
1967年4月撮影
村野~郡津
1000形
この頃は一面の田園風景。全線が単線でした。
1967年4月撮影
村野~郡津
1000形1006+1200形+1500形+1000形
1200形を加え4連化されています。交野線における1000系の4連運用は
短い期間だった様です。ネガの記録は1970年9月撮影となっており、引退
直前と思われます。
村野~郡津
1000形1001
1970年9月撮影
村野~郡津
1000形1006
1970年9月撮影
村野~郡津



1000形1001
終点の私市(きさいち)です。
ハイキングコースがあり、良く行きました。
1968年撮影


500形505
1926年日本車輌製。1959年までにナニワ工機(現アルナ車輌)にて車体更新
この頃は交野線のみの運用でした。
1976年廃車
1970年9月撮影
村野
500形504
1974年4月3日撮影
河内森
500形503
1974年4月3日撮影
河内森

500形504
1974年4月3日撮影
河内森
1300形1307
1948年に戦後初の新車として導入されました。
運輸省規格「B'」という車体です。
京阪本線で特急運用された仲間もいます。
晩年は交野線と宇治線で運用されていました。
阪急700形も運輸省規格型の車体でした。
地方私鉄にも導入されており、
長野電鉄モハ1500形等があります。
1983年京阪が1500V昇圧時に廃車。
1974年4月3日撮影
河内森
1300形
1974年4月3日撮影
河内森
1300形
1974年4月3日撮影
河内森



1307
1974年4月3日撮影
河内森


1700形1701
1951年川崎車輌製。
京阪本線の特急用として導入されました。
1963年にロングシート化。1967年に3扉化されました。
1983年京阪が1500V昇圧時に廃車。
1700形が交野線で運用され始めた頃の写真です。
1970年9月撮影
村野
1700形1701
交野(現交野市)まで複線化されて間もない頃です。
1973年11月29日撮影
交野



600形
1961年から1965年にかけて製造されました。
機器は1927年製の初代600形の流用です。
交野線での運用は比較的少なかった様に思います。
1974年3月撮影
交野~河内森


1900形1921
1963年川崎重工製。かっての京阪特急用のエースも晩年は3扉化され、
交野線で過ごしました。
1970年に1001を撮影した場所です。
2006年廃車
2001年2月18日撮影
村野~郡津
1900形1921
1974年に1300を撮っています。
2001年2月18日撮影
河内森
1900形1930
1992年に全線が複線化されました。
2001年2月18日撮影
私市
1900形1930
2001年2月18日撮影
私市



1929
2001年2月18日撮影
河内森~私市


2600形2621
1978年製ということになってますが、正体は1954年製のスーパーカー
2000形の改造です。まだほとんどが現役で活躍していますが、この編成
は2012年に廃車となりました。
2001年2月18日撮影
村野~郡津
2600形
2001年2月18日撮影
河内森~私市