鉄道

1926年に特産の丹後ちりめんの輸送を目的として開業。
宮津線(現北近畿タンゴ鉄道)の丹後山田(現野田川)から鬼退治で有名な大江山の麓、加悦まで5.7kmを結んでいました。1940年に大江山鉱山でニッケル鉱の採掘が始まると、大江山鉱山までの専用線が敷設され、鉱石輸送を行う様になります。1942年には岩滝町に精錬工場が開設され、そこへの専用線も敷設されました。
戦争が終わると、低品位の大江山鉱山は閉山となり、鉱山までの専用線は撤去されました。精錬工場は1952年に再開され、輸入鉱石の精錬を行っており、そこへの輸入鉱石の輸送は継続しました。。
古典的蒸気機関車を遅くまで使用し、古典的車輌を多く保有することで有名でした。
1985年に宮津線の貨物輸送が廃止され、収入の60%を占めていた精錬工場へのニッケル鉱輸送が無くなり、経営のメドが立たず同年に全線廃止となりました。
古典的な車輌は大江山鉱山跡に開設された加悦SL広場で保存されています。
1973年の訪問です。

1973年6月9日撮影

キハ083
1962年にオハ62を改造した国鉄キハ403→キハ083。
北海道で運用されていましたが、10年あまりで廃車となりました。
1973年に譲受。まだ来て間もない頃です。
この駅舎も古典的で、車輌とともに加悦SL広場に移築されています。
加悦
加悦駅構内
キハ083
加悦
キハ083車内
オハ62のままの背もたれは板張りでした。
キハ51
芸備鉄道キハユニ18→舟木鉄道キハユ51
舟木鉄道の廃止後1962年入線。
廃止後は加悦SL広場で保存。
加悦
キハ51
加悦
キハ101
1936年日本車輌製の自社発注車
日本に現存する唯一の片ボギー車です。
廃止後は加悦SL広場で動態保存。
加悦
ハブ2
1915年名古屋電車製作所製元伊賀鉄道フハ2
廃止後は加悦SL広場で保存。
加悦
ハブ3
ドイツ・Van der Ziepen製の古典客車。
1927年に伊賀鉄道より譲受。
1969年に廃車となりましたが、1970年の大阪万博で展示。
その後も加悦で保存。
現在は加悦SL広場で保存。
加悦
ハ10
1926年開業時に導入された梅鉢鉄工所製の客車。
1968年引退。
現在は加悦SL広場で保存。
加悦

ハ21
1893年新橋工場製ホハ4995の車体を1935年に更新。
ホハ4995の車体は倉庫として残り、ハ20(ホハ4999)の下回りを利用し
復元されています。
廃止後は加悦SL広場で保存。
加悦
ハ20
1936年に払い下げを受けたホハ4999の車体を更新。
ホハ4995を復元する際に下回りを供出。
別の4輪車の下回りの上に車体を乗せられています。
加悦
ホハ4995
1970年に倉庫となっていた車体を元ホハ4999の台枠を使用していたハ20の
台枠に乗せ換え、復元。
廃止後は加悦SL広場で保存。
加悦
ハブ3車内
ホハ4995車内
明治の客車の車内です。
サハ3104
1925年藤永田造船製の元東急サハ3104。
1970年入線。
キハ083が入るまでのつなぎとして、下のDB20に牽かれて走っていました。
この時点でボロボロでしたが、このあと側板が剥がされ、休憩車となり、
加悦SL広場では「カフェトレイン蒸気屋」となり、姿は変わりましたが、
保存されています・
熊本電鉄クハ221は元東急サハ3103です。
加悦
DB201
1953年森製作所製の10tディーゼル機関車。
流山電鉄DB1も森製作所製で良く似ています。
加悦SL広場で動態保存されており、唯一残る森製作所製の機関車です。
加悦
DC351
1956年汽車会社製の元南部鉄道DC351。
1967年に譲受。
丹後山田~岩滝の鉱石輸送に使われていました。
廃止後は加悦SL広場で保存。
加悦
2号機
1874年イギリス・Rt.Stephenson製の元鉄道院123号。
1874年に大阪~神戸間が開通したときに走っていた古典機関車。
簸上鉄道(現JR西日本木次線)を経て1926年開業時に導入。
1956年まで現役でした。
加悦SL広場で保存され、2005年に国の重要文化財に指定されています。
加悦
4号機
1922年川崎造船製の元河東鉄道(現長野電鉄)3号機。
1934年譲受。
1967年まで使用されていました。
廃止後は加悦SL広場で保存。
加悦
1261
1923年日本車輌製の簸上鉄道(現JR西日本木次線)→国鉄1261
1943年譲受
1967年まで使用。
廃止後は加悦SL広場で保存。
加悦
ワブ3
1926年梅鉢鉄工製の有蓋緩急車。
廃止後は加悦SL広場で保存。
加悦
加悦駅