別府鉄道

青字にリンクしています。

山陽本線の土山から別府港まで4.0kmの土山線と高砂線(廃線)の野口から別府港まで3.7kmの野口線がありました。
1921年に別府港にある多木製肥所(現多木化学)の製品の輸送を目的とし、別府軽便鉄道として野口線が開業。1923年には土山線が開業。貨物輸送の主体は山陽本線と直結している土山線に移り、野口線は旅客輸送主体となりました。1946年に別府鉄道。
元々多木化学の専用線の色合いが強く、旅客輸送の需要は見込めない路線で、貨物輸送が主体でした。
土山線の旅客列車は1970年代でもちょっと信じられないくらいクラシックな列車が走っていました。
トラック輸送への転換と、国鉄の貨物合理化により、1984年全線が廃止されました。
クラシックな姿に魅せられ、1970年代から廃止直前まで数回訪問しています。

土山線

DD1351+ハフ7
機関車のほうが客車より長い編成です。
1971年3月撮影
土山
DB201
1984年1月撮影
別府港
DB201
1965年三菱重工製の自社発注機。
廃線まで活躍していました。廃止直前の撮影です。
1984年1月撮影
別府港
ハフ7
1926年汽車会社製の元神中鉄道(現相模鉄道)ハ24。
三岐鉄道を経て1959年入線。
ダブルルーフ、オープンデッキ、木造(鋼鈑貼り)、4輪単車
営業運転に使われているのが不思議なくらいのクラシックな客車でした。
現在は里帰りし、相模鉄道のかしわ台車輌センターで保存されています。
1984年1月撮影
別府港
ハフ5
1930年に日本車輌製の元神中鉄道(現相模鉄道)のガソリンカーキハ10。
客車化されてハ10となりこれも三岐鉄道を経て1959年入線。
廃止後は播磨郷土資料館にて保存
1984年1月撮影
別府港
DB201
1984年1月撮影
別府港
DC301
1952年三菱重工製の元江若鉄道DC301。
1964年入線。
別府港の入れ替えに使用されていました。
1978年頃廃車。
1971年3月撮影。
別府港
DD1351
1957年汽車会社製の元江若鉄道DD1351
1969年入線。
1971年3月撮影
別府港
ハフ5+ハフ7
1984年1月撮影
別府港
DB201
1984年1月撮影
別府港
ハフ7
1976年2月19日撮影
別府港
DD1351
1976年2月19日撮影
別府港
土山線別府港駅発車。
最後尾のハフ7は一応客扱いをしていますが、ホームの無いところから
発車していきました。混合列車と言っても、緩急車が客扱いも
やっているという感じでした。
1976年2月19日撮影
別府港
ハフ5
1976年2月19日撮影
別府港
ハフ7
1984年1月撮影
別府港
別府港駅
1971年3月撮影



1970年10月1日改正の時刻表。
1971年3月撮影
別府港


別府港の機関区
1976年2月19日撮影
DB201
1976年2月19日撮影
別府港機関区
DC301
1976年2月19日撮影
別府港機関区
DC302
1953年川崎車輌製の元倉敷市交通局(現水島臨海鉄道)DC501。
1976年入線。
廃止後は播磨郷土資料館にて保存
1976年2月19日撮影
別府港機関区
DC302
1976年2月19日撮影
別府港機関区
DC302
1976年2月19日撮影
別府港機関区
DD1351
1976年2月19日撮影
別府港



ワ130
1948年に出石鉄道から譲受。
救援車代用として使用。
1976年2月19日撮影


野口線

キハ101
1934年川崎車輌製の元国鉄キハ41057→片上鉄道キハ301
1974年入線。
廃止まで主力で使用されました。
1984年1月撮影
別府港
キハ101
1976年2月19日撮影
別府港
キハ101
1984年1月撮影
別府港
キハ2
1931年日本車輌製の元三岐鉄道キハ5。
1965年入線
廃止まで使用されました。
キハ101が入る前は主力でした。
1971年3月撮影
別府港
キハ2車内
1971年3月撮影
キハ2運転台
1971年3月撮影
キハ3
1930年日本車輌製の元佐久鉄道(現JR東日本小海線)キホハニ56。
三岐鉄道キハ6を経て1959年入線。
廃止まで使用されました。
廃止後は里帰りし、長野県佐久市で保存されています。
1976年2月19日撮影
別府港



キハ2(初代)
別府港の車庫にあった廃車体。
1939年加藤車輌製の自社発注車。
1937年に日本車輌で製造されたキハ1と同型車です。
1975年に廃車。
1976年2月19日撮影
別府港機関区


キハ101
1976年2月19日撮影
野口
キハ101
1976年2月19日撮影
野口
キハ2
1971年3月撮影
野口