有田鉄道

青字にリンクしています。

紀勢本線の藤並から金屋口まで5.6kmを結んでいました。
沿線の農産物を湯浅港まで輸送することを目的に設立され、紀勢本線よりも早く1915年に開業しています。
当初は目的どおり湯浅港(海岸駅)までの路線でした。
1926年に紀勢西線(紀勢本線)が開通すると藤並で紀勢西線と連絡するようになり、紀州みかんが国鉄で全国に運ばれるようになります。
紀勢西線と並行する藤並~海岸は1944年に休止となり、レールも撤去されました。
1950年からは紀勢西線湯浅駅まで乗り入れる様になりました。
この頃からみかんなどの輸送は次第にトラックに移って行き、1984年に貨物輸送は廃止されました。
本業を失った有田鉄道は懸命に合理化努力をしましたが、最後は一日2往復のみの運行となり、2002年廃止されました。
まだ、貨物輸送も行っていた1976年の訪問です。 1976年2月15日撮影

金屋口駅構内
キハ58は富士急行から来たばかりでした。
まだキハ07が主力で使用されていました。
金屋口駅構内
キハ58003
1961年日本車輌製の元富士急行キハ58003。
中央線の急行アルプスに併結して新宿まで乗り入れていました。
キハ58系唯一の両運転台車です。
1975年に急行アルプスが電車化されると運用を失い、
有田鉄道に譲渡されました。
廃止まで使用され、現在は有田川鉄道公園(金屋口駅跡)で
動態保存されています。
金屋口
キハ58003
金屋口
キハ58003
金屋口
キハ07206
元国鉄キハ07206
1970年入線。この頃はキハ07の原型車も珍しくなっていました。
ここもこの年(1976年)に運用を離脱しています。
1983年廃車。
金屋口
キハ250
1954年帝国車輌製。九州の山鹿温泉鉄道の注文流れ。
茨城交通湊線にも同型が行っています。
山鹿温泉鉄道は発注したものの、水害に遭ってしまい、
キャンセルしたそうです。
1976年廃車
金屋口
DB201
1965年日本輸送機製。
1984年廃車
藤並
キハ07206
紀勢本線に乗り入れてました。
湯浅
キハ07206
湯浅