天竜浜名湖鉄道

青字にリンクしています。

東海道線の新所原から掛川67.7kmを結ぶ、国鉄二俣線を引き継いだ第三セクターです。
1935年に軍事上の要請から、東海道線の迂回路として二俣線開通。
1987年に国鉄二俣線は廃止になり、第三セクター天竜浜名湖鉄道となりました。
浜名湖の北岸を通り、天竜川を渡る絶景路線です。また、随所に昭和初期の設備が残っており、レトロな雰囲気を満喫できます。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

TH3000形3501

1995年に導入された富士重工製のLE-DC。
2両ありましたが、3502は2010年に廃車されています。
2018年1月7日撮影
新所原

TH3000形3501

多くの施設が登録有形文化財に指定されており、金指駅のホーム、上屋等も指定されています。

2018年1月7日撮影
金指

TH2100形2105

2001年から増備された新潟鐵工所製のNDC。新潟鐵工所製最後のNDCです。14両あり、主力として運用されています。
2018年1月7日撮影
金指

TH2100形2103

2018年1月7日撮影
西鹿島

TH2100形2103

ここで遠州鉄道と連絡しています。1961年までは、天竜二俣まで直通の気動車が走っていました。
2018年1月7日撮影
西鹿島

TH2100形2106

天竜川を渡ります。
2018年1月7日撮影
二俣本町~西鹿島

TH2100形2102

2018年1月7日撮影
二俣本町~西鹿島

TH2100形2103

沿線が舞台となった「井伊直虎」のラッピング。
2018年1月7日撮影
二俣本町~西鹿島

TH2100形2111

2016年5月5日撮影
天竜二俣

TH2100形2102

2016年5月5日撮影
天竜二俣

TH2100形2113

2016年5月5日撮影
天竜二俣

TH2100形2106

小規模なラウンドハウスとターンテーブルが残っており、登録有形文化財に指定されています。天竜浜名湖鉄道の観光名所となっています。

2016年5月5日撮影
天竜二俣

TH2100形2105

2016年5月5日撮影
豊岡

TH3000形3501

2016年5月5日撮影
遠州森

TH2100形2113

2016年5月5日撮影
掛川