静岡鉄道

青字にリンクしています。

新静岡~新清水11kmを結んでいます。
JR東海道本線と並行して走ってますが、草薙駅が近いくらいで連絡駅はありません。JRとは完全に棲み分けしています。
歴史は古く、1906年静岡鉄道として開業。当初は762㎜軌間の軽便鉄道でした。
1908年に大日本軌道に合併され、大日本軌道静岡支社。
1919年に駿遠電気に譲渡、1920年に電化、改軌されました。1923年に静岡電気鉄道に改名。
1943年戦時統合により静岡鉄道となり、現在に至っています。
かっては清水市内線、駿遠線等静岡県内に100㎞を越える路線を有していましたが、現在はこの静岡清水線のみとなっています。
中堅都市の都市間輸送路線として盛業中です。かっては、自社長沼工場製の電車を運用しており、日立電鉄、福井鉄道、熊本電鉄等へ行った電車があります。
現在は、1973年から投入されたステンレス車体の1000形が主力で運用されていますが、2016年に新車A3000形が投入され、2024年度までに全社置き換えの予定です。
東海道沿線のローカル私鉄は素通りしていたのですが、2016年になって初めて訪問しました。




1000形 クハ1512+クモハ1012
「午後の紅茶」のラッピング。
1985年東急車両(現総合車両製作所)製の自社発注車。
1000形のラストナンバー。
新静岡駅はJR静岡駅から徒歩8分。
2016年5月5日撮影
新静岡


A3000形 クハA3501+クモハA3001
2015年総合車両製作所製の自社発注車。
出来立ての新車。最新鋭にふさわしい高性能車。
2024年までに全部置き換わる予定。
2016年5月5日撮影
長沼
1000形 クモハ1002+クハ1502
1000形第2編成。1973年東急車両製。
1~8編成は非冷房で導入。
ここ長沼工場で冷房改造されています。
2016年5月5日撮影
長沼
1000形 クモハ1005+クハ1505
2016年5月5日撮影
長沼 


長沼車庫
工場を併設しており、かってはここで自作した電車を使用していました。
左から1010、1009、1002。
1009以降は当初から分散型の冷房付き。よく見ると屋根上が違います。
2016年5月5日撮影
長沼

1000形 クハ1507+クモハ1007
2016年5月5日撮影
県総合運動公園 
A3000形 クハA3501+クモハA3001
JR東海道本線をオーバークロス。
2016年5月5日撮影
県総合運動公園 



1000形 クモハ1003+クハ1503
2016年5月5日撮影
県総合運動公園


 
A3000形 クハA3501+クモハA3001
左の線路はJR東海道本線。
2016年5月5日撮影
桜橋
1000形 クモハ1011+クハ1511
ちびまる子ちゃんのラッピング。
車内放送もちびまる子ちゃんの声でした。
2016年5月5日撮影
入江岡
1000形 クモハ1007+クハ1507
2016年5月5日撮影
入江岡~新清水



1000形 クハ1511+クモハ1011
2016年5月5日撮影
入江岡~新清水


1000形 クモハ1003+クハ1503
2016年5月5日撮影
入江岡~新清水
1000形 クモハ1012+クハ1512
2016年5月5日撮影
入江岡~新清水
1000形 クモハ1005+クハ1505
新清水駅はJR清水駅から徒歩12分。
2016年5月5日撮影
新清水