名鉄美濃町線

路線図の青字にリンクしています。
  

岐阜市内線の徹明町から、越美南線(現長良川鉄道)の関を通り、美濃まで24.8kmを結んでいました。
1911年に美濃電気軌道として開業。1930年に名古屋鉄道に合併。
1970年には田神線が開通し、新岐阜(現名鉄岐阜)まで乗り入れる様になりました。
しかし、この頃から乗客数が減少し始め、1999年には長良川鉄道が並行している新関~美濃を廃止。
車両を近代化するなど存続への努力は払われましたが、結局2005年に全線が廃止されました。
廃線後、モ880以降の近代化された車両は福井鉄道に行って活躍しています。
1980年12月の撮影です。

 
モ870形875+876
1965年東急車輛製の元札幌市電A-841+A-842。
1976年に札幌市電で余剰となっていた連接車を3編成導入しました。
この頃は600V専用で新岐阜には乗り入れできず、主に徹明町~野一色の 区間運転に運用されていました。
2000年に複電圧対応に改造されています。
2005年路線廃止後は引取り手がなく、廃車。
1980年12月7日撮影
徹明町



モ870形
泊まったホテルの部屋からの撮影です。
1980年12月7日撮影
徹明町


モ870形
1980年12月7日撮影
梅林



モ870形
1980年12月7日撮影
梅林


モ870形
スタフを持った職員が乗務員に手渡ししていました。
ここで田神線が分岐していました。
1980年12月7日撮影
競輪場前
モ880形
1980年日本車輌製の自社発注車。
複電圧車で、新岐阜に乗り入れていました。
廃線後は福井鉄道に譲渡され、活躍中です。
1980年12月7日
競輪場前
モ600形603
1970年に田神線開通時に新岐阜乗り入れ用として日本車輌で
新製された複電圧車です。
新岐阜乗り入れ用の主力でしたが、構造上冷房化できないため、
2000年に601~605が廃車され、606のみ廃止時まで残っていました。
601が美濃駅構内で保存されています。
1980年12月7日撮影
競輪場前 田神線からは岐阜城が見えています。



モ600形603
1980年12月7日撮影
競輪場前


モ870形
1980年12月7日撮影
北一色
モ880形
1980年12月7日撮影
北一色
モ880形
上の写真の後追いです。ここから専用軌道になります。
1980年12月7日撮影
北一色



モ870形
この当時はここまでの区間運転に多く使用されていました。
1980年12月7日撮影
野一色


モ590形591
1957年日本車両製。
路面用の車両であり、当初岐阜市内線で使用されていましたが
1971年以降は5両全部が美濃町線で運用されています。
モ594 595の2両は1983年に廃車。
残りの3両はワンマン改造を受け、廃止まで運用されました。
モ591 592の2両は廃止後土佐電気鉄道に譲渡され、
活躍中です。
1980年12月6日撮影
上芥見~下芥見
モ600形
1980年12月6日撮影
上芥見~下芥見



モ600形601
1980年12月6日撮影
上芥見


モ880形
1980年12月6日撮影
上芥見~白金



モ880形
1980年12月6日撮影
上芥見~白金


モ880形
1980年12月6日
白金~小屋名
モ880形
道路の端を走っていました。
1980年12月6日撮影
白金~小屋名



モ880形
1980年12月6日撮影
白金~小屋名


モ600形602
国道248号線の端を走っていました。
1980年12月6日撮影
赤土坂~新田



モ590形591
1980年12月6日撮影
赤土坂~新田


モ590形591
1980年12月6日撮影
新関
モ600形602
1980年12月6日撮影
新関



モ600形602
1980年12月6日撮影
新関