近畿日本鉄道内部・八王子線北勢線

日本最大の私鉄、近鉄に、762mm軌間の路線が存在しました。
元は三重軌道、北勢鉄道により開業し、三重交通となった路線が、1965年に近鉄に統合されたものです。
三重交通時代に使用されていた客車は、かなりの数が尾小屋鉄道に譲渡されています。
かっては内部・八王子線、と北勢線がありましたが、北勢線は2003年に三岐鉄道に譲渡されており、内部・八王子線が残るのみとなりました。
その内部・八王子線も2015年4月から第三セクター「四日市あすなろう鉄道」の運営となり、近鉄から「特殊狭軌線」はなくなりました。

内部・八王子線

近鉄四日市から内部まで5.7kmの内部線と、内部線の日永から伊勢八王子まで3kmの八王子線がありましたが、八王子線の西日野~八王子間は1974年に集中豪雨で休止となり、1976年にそのまま廃止となりました。
1912年に三重軌道として開業しています。1916年に三重鉄道、1944年には三重交通となりました。
そのころは湯の山線も762mm軌間であり、直通運転を行っていました。湯の山線は近鉄に合併前に改軌されています。
1948年に電化。1965年に近鉄に合併。1976年に前述の通り西日野~伊勢八王子が廃止となり、現在に至っています。
まだ伊勢八王子まで存在していた、1973年の訪問です。

1973年11月3日撮影

モニ214
1928年田中車輌(現近畿車輛)製。
元四日市鉄道(現近鉄湯の山線)デ50型。
手荷物合造車です。
1982年廃車
四日市



モニ213
モニ210形は4両ありました。
1982年廃車
四日市





モ212
日永~赤堀


モニ214
日永~南日永
モニ214+サ160
日永~南日永
モニ214
日永~南日永



モ241
1928年田中車輌製の元四日市鉄道デ60。
1形式1両のみ。
1977年廃車
日永~南日永


モニ212
西日野~日永
モニ228+サ160
西日野~日永
モニ228+サ160
西日野~日永
モニ228+サ160
西日野~日永
モニ228+サ160
西日野~日永モニ228+サ160
西日野~日永
モ212
西日野~日永
サ113
西日野~日永



モニ212
西日野


モニ228
室山~西日野
モニ228
室山
サ161
室山
サニ113
1927年日本車輌製の元松阪鉄道
(1964年三重交通時代に廃止)デ31形。
内部線転属の際電装解除され、付随車化。
1977年廃車。
伊勢八王子~室山
モニ212
伊勢八王子~室山



サニ113
伊勢八王子~室山


モニ228 サ160
モニ220形は1931年日本車輌製の元北勢鉄道モハニ50ですが、
このモニ228は1949年に追加製造され、
当初からこちらに配属されています。
1982年に電装解除されサ120型に改造。健在です。
サ160は1950年近畿車輛製。モニ220形とよく似た外観です。
1977年廃車。
伊勢八王子
伊勢八王子駅



モニ212
伊勢八王子