神岡鉄道

1966年に神岡鉱山の鉱石輸送のため、国鉄神岡線として開業。高山本線の猪谷~神岡(奥飛騨温泉口)19.9kmを結んでいました。
神岡線開通前は川向こうに610mm軌間の神岡軌道があり、鉱石輸送に当たっていました。神岡軌道は神岡線の開通と前後して廃止されています。
1984年に第三セクター化され、神岡鉄道となりました。2001年に神岡鉱山は閉山。2004年まで硫酸の輸送が続いていましたが、貨車の老朽化によってトラック輸送に替わり、収入の70%を占めていた貨物輸送が無くなったため、2006年に廃止されました。
険しい渓谷を行く絶景路線でしたが、全体の60%くらいがトンネルでした。
第三セクター化の翌年、1985年の訪問です。 1985年5月撮影

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

KM101 おくひだ1号

1984年新潟鉄工製の自社発注車。
第三セクター転換時に新製。
神岡鉱山口駅にて保存されています。
奥飛騨温泉口

KM101車内

囲炉裏があります。

KM101

奥飛騨温泉口

KM101

奥飛騨温泉口

KM101

猪谷