上田交通別所線

1921年に上田温泉電軌として開業。信越本線の上田から別所温泉まで11.6kmを結んでいます。
岳南鉄道ED501は元上田温泉電軌のデロ300でした。
1943年には丸子電鉄と合併し上田丸子電鉄となり、別所線、西丸子線、丸子線、真田傍陽線の4路線を擁していました。
1963年に西丸子線、1969年には丸子線、1972年には真田傍陽線が廃止され、別所線のみとなりました。
上田丸子電鉄は1969年に上田交通と社名を変更しています。
何べんも廃止の危機がありましたが、乗り切り、存続しています。
1989年には1500Vに昇圧しました。2005年に上田電鉄となっています。
上田交通時代の1976年と1977年に訪問しています。

上田原車庫
この当時は上田原に車庫がありました。
1976年3月14日撮影
モハ5250形モハ5253
1928年日本車輌製の自社発注車。元上田温泉電軌デナ200形203
丸窓電車として有名です。
1989年の昇圧時に引退。上田市内に保存。
1976年3月14日撮影
上田
モハ5250形モハ5253
1977年11月撮影
赤坂上
モハ5250形モハ5251
1928年日本車輌製の自社発注車。元上田温泉電軌デナ200形201
同じく1989年に引退。上田市内に保存
1976年3月14日撮影

モハ5370形
元信濃鉄道(現JR大糸線)のデハ1形を国鉄から譲受。
元小田急クハ1650形の車体を使用し1960年に車体更新。
関東鉄道キクハ1形 近江鉄道モハ202クハ1202も同じ車体を使っています。
1989年廃車。
1977年11月撮影
上田
モハ5370形
1976年3月14日撮影
上田原
木造車体はモハ5370の車体換装前の車体。
信濃鉄道(現JR大糸線)デハ1形デハ1。
1976年3月14日撮影
上田原
モハ4257
1955年に富士山麓鉄道のモ1→モハ501の車体を使用しクハ251として導入。
1963年に電装しモハ4257。
富士山麓鉄道のモハ501は車体を更新し、富士急行モハ3631となりました。
1983年に廃車。廃車後車体は富士急行に返却され、モ1に復元
河口湖駅に保存されています。
1976年3月14日撮影
上田原
サハ62
元東急サハ3550
1976年3月14日撮影
上田
クハ252
元神中鉄道(現相模鉄道)の流線型気動車キハ50→クハ1501。
1956年譲受。モハ5370と組んで運用されていました。
元神中鉄道のキハ50は原型を留め、豊橋鉄道ク2400になっています。
1989年廃車。
1976年3月14日撮影
クハ273
元東横のキハ3→神中鉄道(現相模鉄道)クハ2505
1961年に入線。元キハ1のクハ272と2両ありました。
同系車に日立電鉄クハ2501 2502があります。
東横のキハ1型は原型を留め、関東鉄道鉾田線キハ42202になっています。
1976年3月14日撮影
上田
クハ273
1976年3月14日撮影
上田
サハ24
元飯山鉄道(現JR飯山線)キハニ3
1952年譲受。合計5両ありましたが、サハ24のみ別所線に来て残ってました。
1980年廃車
1976年3月14日撮影
上田
サハ24
1976年3月14日撮影
上田
サハ41
元飯山鉄道(現JR飯山線)キハ101
1949年入線。
1984年廃車。
1976年3月14日撮影
クハ3661
元東急クハ3661番号も同じで1975年に入線。
最後まで塗装も変わりませんでした。
1986年廃車。
1976年3月14日撮影
上田原
ED251
元宇部電気鉄道(現JR宇部線)デキ11→国鉄ED251
1937年日本鉄道自動車製。1961年丸子線に入線。1969年別所線転属。
越後交通長岡線ED261とよく似ていますが台車が違います。
国鉄時代は同系機として扱われていた様です。
1986年廃車。上田市内で保存。
1976年3月14日撮影
上田原
ED251
よくバランスのとれたスタイルの凸型電機でした。
1976年3月14日撮影
上田原