富山港線(現 富山ライトレール)

青字にリンクしています。

1924年富岩鉄道として開業。
1941年には富山地方鉄道に合併され、同社富岩線になり、1943年には国有化され国鉄富山港線となりました。
元富岩鉄道の車両には富山地鉄ボ2越後交通ED261等があります。
国鉄時代は北陸地方唯一の直流電化区間で、旧型国電が走っていました。
末期には475系、JRに引き継がれてからはキハ120が運用されたりしましたが、2006年に第三セクターの富山ライトレールとなり、富山駅付近は路面化され、路面型の電車が走っています。
国鉄時代、73系が活躍していた1981年の訪問です。


クハ79934
1975年3月19日撮影
富山



クモハ73043
1982年5月2日撮影
富山


クモハ73049
1982年5月2日撮影
城川原
クハ79
1982年5月2日撮影
城川原
クハ79934
1982年5月2日撮影
城川原
クモハ73117
1982年5月2日撮影
城川原
73系
1982年5月2日撮影
城川原~蓮町



クモハ73043
1982年5月2日撮影
城川原~蓮町


73系
1982年5月2日撮影
岩瀬浜
73系
1982年5月2日撮影
岩瀬浜
73系
1982年5月2日撮影
岩瀬浜
クモハ73305
1975年3月19日撮影
岩瀬浜
岩瀬浜駅