大糸線

青字にリンクしています。

松本から糸魚川まで105.4kmを結んでいます。
松本~南小谷間70.1kmは電化され、現在はJR東海、南小谷~糸魚川35.3kmは非電化でJR西日本になっています。
1915年信濃鉄道として松本~信濃大町間が開業。1925年に信濃大町まで電化。1937年に国有化。
信濃鉄道の電車はそのまま引き継がれましたが、1950年代に多くが地方私鉄に譲渡され、上田交通モハ5370形、長野電鉄モハ1形→モハ1100形等になっています。     
長らく大糸南線と大糸北線に分かれていましたが、1957年に最後の中土~小滝間が開通し、大糸線となりました。
北アルプスの麓、安曇野を行く絶景路線です。1980年代まで旧型国電が活躍していました。
1978年、1979年、1981年の全て国鉄時代の訪問です。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

   

クハ55432

1979年1月20日撮影
北松本~島内

クハ55041

1979年1月20日撮影
北松本~島内

ED602

1978年2月25日撮影
島高松~梓橋

165系 急行アルプス

1981年6月撮影
梓橋

クモハ60他

1981年6月撮影
梓橋~一日市場

クモハ60他

1981年6月撮影
梓橋~一日市場

クモハ60082

1979年1月20日撮影
梓橋~一日市場

クモユニ81003

1979年1月20日撮影
梓橋~一日市場

クモハ51804

1979年1月20日撮影
梓橋~一日市場

クモハ54109

上の写真の後追いです。
1979年1月20日撮影
梓橋~一日市場

ED602

この頃の貨物列車はED60が牽引していました。
1978年2月25日撮影
中萱~南豊科

クハ68001

1978年2月25日撮影
中萱~南豊科

クモハ60117

1979年1月20日撮影
豊科~柏矢町

165系 急行アルプス

1979年1月20日撮影
豊科~柏矢町

クハ55432

1979年1月20日撮影
信濃常盤~南大町

キハ58系 急行白馬

1979年1月20日撮影
信濃常盤~南大町

165系 急行アルプス

1979年1月20日撮影
信濃常盤~南大町

クハ55433

1979年1月20日撮影
信濃常盤~南大町

183系 特急あずさ

1979年1月20日撮影
信濃常盤~南大町

クモハ60082

1979年1月20日撮影
信濃常盤~南大町

クモハ60022

1978年2月25日撮影
信濃常盤~南大町

クハ68001

1979年1月20日撮影
信濃常盤~南大町

クハ55433

1978年2月25日撮影
信濃大町

クハ55041

1979年1月20日撮影
海ノ口

クハ55432+クモハ60+クモハ60+クハ55+クモハ40077+クハ55041

上の写真の後追いです。
1979年1月20日撮影
海ノ口

165系 新宿からの急行アルプス。

1981年6月撮影
簗場~海ノ口

クハ55433

木崎湖畔を行く旧型国電です。
1981年6月撮影
簗場~海ノ口

クハ68他

1981年6月撮影
信濃森上~白馬大池

キハ55他

1981年6月撮影
白馬大池~千国

クモハ60他

1981年6月撮影
白馬大池~千国

キハ55他

1981年6月撮影
平岩~小滝