新潟交通

青字にリンクしています。

1933年に新潟電鉄として開業。県庁前(白山前)から弥彦線の燕まで36.1kmを結んでいました。県庁前~東関屋2.2kmは路面を走っていました。
1943年に新潟交通。県庁前から新潟駅前までの延長計画も有りましたが、結局果たせずじまいでした。
1985年には新潟県庁が移転したため、県庁前駅が白山前駅に改称されています。
1992年にはその白山前~東関屋廃止。1993年月潟~燕間廃止。
接続路線がなくなり、1999年に残る東関屋~月潟も廃止されました。
電動車はほとんどが日本車輌標準型の車体に更新されていましたが、この路線には良く似合っていました。
1972年と1976年と1984年に訪問しています。

             
モハ24形モハ25
1969年車体更新。この系列では最後に登場しました。
1984年11月撮影
灰方
モハ20形モハ21+クハ45形クハ48
モハ21は1967年にモハ13の車体更新
1976年3月21日撮影
県庁前
クハ45形クハ48+モハ20形モハ21
クハ48は元小田急デハ1400形デハ1412。
お隣の越後交通長岡線モハ1400形も同じ元小田急デハ1400形です。
1976年3月21日撮影
県庁前
モハ21+クハ48
1976年3月21日撮影
県庁前~東関屋
モハ10形
オーバークロスしているのは国鉄越後線です。
1976年3月21日撮影
県庁前~東関屋



クハ45形
上の写真の後追いです。
1976年3月21日撮影
県庁前~東関屋


クハ45 無番号
1976年3月21日撮影
東関谷
モハ10形モハ12
1968年車体更新 旧番号は同じ
1976年3月21日撮影
東関谷
クハ39形クハ39
元武蔵野鉄道サハ2322→デハ2322→西武クハ1214
同じ系列に流山電鉄モハ1001 クハ52 近江鉄道モハ9 蒲原鉄道モハ71
等があります。
1976年3月21日撮影
東関屋
クハ39
1976年3月21日撮影
東関屋
クハ37形クハ37
1952年に元国鉄キハ41080を制御車化。
おとなりの蒲原鉄道クハ10も元国鉄キハ41000です。
1976年3月21日撮影
東関屋
クハ45形クハ47+モハ16形モハ16
クハ47は元小田急デハ1414
モハ16は1956年に元伊那電買収車モハ1924を譲受。
1968年に元小田急デハ1409の車体に乗せ換えたため、
クハ45と同じ外観でした。
1972年3月撮影
東関屋
自動車の前だけ切り取って車輪に乗っけた?
正体は不明です。
1972年3月撮影
東関屋



キ116
元国鉄のキ116を1968年に譲受。
1976年3月21日撮影
東関屋


モハ21
1976年3月21日撮影
木場



クハ45形
1976年3月21日撮影
木場





モワ51
1933年の開業時に導入された日本車両製の電動貨車。
最後まで残り、キ116とともに月潟で保存されています。
1976年3月21日撮影
六分


クハ45形クハ47+モハ16形モハ16
1976年3月21日撮影
小中川~灰方



モハ10形モハ12+クハ45形クハ47
1976年3月21日撮影
小中川~灰方





モハ10形モハ14
1976年3月21日撮影
灰方



モハ10形
1972年3月撮影