長野電鉄 2018~

青字にリンクしています。

2018年の長野電鉄です。かってはオリジナルの車両が主力でしたが、現在では、営団地下鉄(現東京メトロ)、東京急行電鉄、小田急電鉄、JR東日本から来た車両が走っており、在籍している全形式の前歴が違っています。 志賀高原の入り口湯田中への観光路線として、また長野の近郊路線として盛業中です。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

3500系L-2編成 クハ3652+モハ3602+クハ3612

長野駅は地下にあり、昭和の風情を残しています。 そこに、かっての営団地下鉄日比谷線3000系の3500系L-2編成が停車しています。前面の赤い帯を消し、行先を「中目黒」にでも替えたら昔の日比谷線の写真と言っても通りそうです。

2018年8月16日撮影 長野

1000系S-2編成 デハ1032+モハ1022+モハ1012+デハ1002

元小田急HiSE10000系デハ10071+デハ10070+デハ10062+デハ10061。4車体5台車に短縮して譲渡されました。2000系を置き換え、「ゆけむり」として特急運用についています。

2018年8月16日撮影 信濃吉田

8500系T-2編成 デハ8512+サハ8552+デハ8502

元東急8500系デハ8602+サハ8908+デハ8502。2005年に譲渡され、3500系の非冷房車を置き換えました。東急時代と同じ塗装です。

2018年8月16日撮影 朝陽

3500系L-2編成 クハ3652+モハ3602+モハ3612

元営団地下鉄3000系3055+3751+3056。1992年から、導入が始まり、元東急5000系の2500系、0系OSカーを置き換えました。老朽化が進んでおり、3両編成はこのL-2編成一本になっています。

2018年8月16日撮影 朝陽~付属中学前

1000系S-2編成 デハ1032+モハ1022+モハ1012+デハ1002

元小田急HiSE10000系デハ10071+デハ10070+デハ10062+デハ10061。元小田急ロマンスカーが、行先を箱根から志賀高原に変えて活躍しています。

2018年8月16日撮影 朝陽~付属中学前

2100系E-1編成 クハ2151+モハ2101+デハ2111

元JR東日本253系クロハ253-6+モハ253-18+クモハ252-18。元「成田エクスプレス」も、2011年から「スノーモンキー」として活躍しています。E-1編成はオリジナル塗装のままです。

2018年8月16日撮影 朝陽~付属中学前

8500系T-6編成 デハ8506+サハ8556+デハ8516

元東急8500系デハ8730+サハ8944+デハ8841。架け替えられた、かっては道路併用だった村山橋で千曲川を渡ります。

2018年8月17日撮影 柳原~村山

1000系S-1編成 デハ1031+モハ1021+モハ1011+デハ1001

元小田急HiSE10000系デハ10031+デハ10030+デハ10022+デハ10021。元小田急ロマンスカーは2編成あります。

2018年8月17日撮影 柳原~村山

2100系E-2編成 クハ2152+モハ2102+デハ2112

元JR東日本253系クロハ253-7+モハ253-19+クモハ252-19。この編成はサイドの塗装が白に変わっています。

2018年8月17日撮影 村山

8500系T-1編成 デハ8511+サハ8551+デハ8501

元東急デハ8601+サハ8903+デハ8501。

2018年8月17日撮影 村山

8500系T-6編成 デハ8516+サハ8556+デハ8506

元東急8500系デハ8841+サハ8944+デハ8730。

2018年8月16日撮影 須坂