長野電鉄

1922年に河東鉄道として須坂~屋代が開業。1926年に長野電鉄となり、1927年に湯田中まで開通しています。
1981年に長野~善光寺下間を地下化。
2002年に信州中野~木島廃止、2012年には最初の開通区間である須坂~屋代が廃止され、現在は長野~湯田中33.2kmを結ぶ、長野線、河東線の一部、山の内線のみになっています。
長野線は、志賀高原への観光路線として、また、長野市の近郊路線として活躍しています。
まだ旧型車が活躍していた1976年の訪問です。
1976年3月13日撮影

モハ2000形モハ2007
1964年日本車輌製の自社発注車。
モハ2000形は1657年から特急用として導入された画期的な車両でした。
A~Dの4編成あり、この写真はD編成です。
2012年廃車。
須坂
モハ2000形モハ2005
1959年日本車輌製。
C編成。湯田中行きの有料特急に運用されていました。
2006年廃車
須坂
モハ2000形モハ2008
D編成の反対側です。
特急だけでなく各駅停車としても運用されていました。
D編成はながでん電車のひろばで保存されています。
須坂
須坂駅
屋代から国鉄169系急行志賀が湯田中まで乗り入れていました。
モハ2
0系OS2編成。1966年日本車輌製の自社発注車。
地方私鉄としては画期的な4扉の通勤用の新車でした。
1997年廃車
須坂
モハ1100形モハ1101
信濃鉄道デハ6→長野電鉄モハ1
1961年にモハ1の鋼体化名義で導入されました。
機器は流用されてますが実質新車です。
1979年除籍後豊橋鉄道と伊予鉄道に譲渡されました。
須坂
モハ100形モハ101
1926年汽車製造製の自社発注車。
半鋼製車ですがトラス棒がついています。
1980年廃車
須坂
モハニ530形モハニ532
上のモハ101と同系の車両です。
1980年廃車
須坂
モハ410形モハ411
1926年製の元東武デハ3形デハ13を1947年に譲受。
ディッカー車の愛称で呼ばれていました。
制御方式の違いから他車との混用ができませんでした。
1977年まで運用され廃車。
須坂
クハ450形クハ451
元東武デハ3形デハ11。
入線後まもなく予備部品確保のため、電装解除し制御車化されました。
1977年廃車
須坂
モハ610形モハ612
1927年川崎造船製の自社発注車。
典型的な川造スタイル。
1980年廃車。廃車後は3両が上田交通に譲渡。
須坂
クハ1050形クハ1052
1948年から導入された日本車両製の運輸省規格型電車。
戦後の混乱期には京阪1300形 阪急700形等大手私鉄にも、
運輸省規格型が導入されています。
クハ1050形はモハ1000型を1954年に電装解除し制御車化。
1981年長野駅地下化のときに廃車
須坂
クハ1550形クハ1551
こちらは当初から制御車。
1981年廃車
須坂
モハ1500形モハ1502
勾配区間用に抑速発電ブレーキを装備。
1993年廃車
ED5001
1927年日立製の自社発注機。
国鉄ED15を設計の基礎にしており、よく似ています。
3両ありましたが、5002、5003の2両は下のED5102を導入したときに余剰となり、
越後交通に譲渡され、ED511 512となりました。
なお、このED5001は除籍されていますが、構内入れ替えの機械扱いで健在です。
須坂
ED5102
1969年に廃止となった北海道の定山渓鉄道から譲渡されました。
1979年に長野電鉄の貨物輸送が廃止されると、越後交通に譲渡され、
長岡線の廃止まで運用され、1995年に廃車されました。
須坂
ワフ11
1922年に佐久鉄道から譲受。
須坂
スム112
国鉄スム1と同型の鉄側有蓋車。
須坂