京福電鉄越前本線三国芦原線

京福電鉄には以前、京都の嵐山線・北野線 叡山線・鞍馬線とこの福井支社の路線がありました。
現在は嵐山線・北野線のみとなっています。
福井支社の越前本線は1914年に京都電燈の手によって、越前電気鉄道として開業しています。1942年に京福電鉄となりました。
北陸本線の福井と京福大野36.3kmを結んでいましたが、1974年に勝山~京福大野が廃止となり、福井~勝山27.8kmになっています。
1992年には東古市(現永平寺口)~勝山および、東古市から永平寺までの永平寺線の廃止を表明。行政の支援により路線を維持してきました。
三国芦原線は1928年にやはり京都電燈が関与する三国芦原電鉄として開業しました。
福井口で越前本線と別れ、東尋坊で有名な三国港まで、25.8kmを結んでいます。やはり1942年に京福電鉄になっています。
越前本線において2000年と2001年に連続して二度の正面衝突事故を起こし、二回目の事故の翌日から三国芦原線を含め、全線運行休止となり、京福電鉄は営業の継続を断念。そのまま廃止かと思われました。
ところが、冬季の積雪時、代替バスでは幹線道路が大渋滞となり、バス、マイカーとも通勤、通学に著しい支障が出てしまい、また、同じ地域の福井鉄道では問題は起こらず、積雪地における、鉄道輸送の重要性を改めて認識させられる結果となりました。
そのため、2003年から第三セクター えちぜん鉄道が引き継いで運行しています。
京福電鉄時代は雑多な車両の寄せ集めで、バラエティーに富んでいました。
京福電鉄時代の1973年、1976年、1982年の3回訪問しています。

ホデハ261形ホデハ261
元京王デハ2408
1976年廃車
1973年3月26日撮影
福井
ホデハ261形ホデハ261
1973年3月26日撮影
京福大野
ホデハ241形ホデハ241 ホデハ261形ホデハ262
ホデハ241は1926年に叡山線に投入されたデハ11を1944年に移動。
移動時に電装解除しホクハ31となりましたが1949年に再電装。
1957年には車体が更新されています。1991廃車。
ホデハ262は元京王デハ2402。
1976年廃車
1973年3月撮影
勝山
ホデハ271
1973年3月26日撮影
福井

モハ271形モハ271
元小田急1型→デハ1100→相模鉄道1000型を経て1964年入線
日立電鉄モハ1000形熊本電鉄モハ301も同系車です。
形式は1974年にホデハ→モハに変更されています。
1987年廃車
1976年5月2日撮影
福井口
モハ271形モハ271
1982年5月4日撮影
福井
モハ271形モハ273
1987年廃車
1982年5月4日撮影
福井
モハ281形モハ281
元東急デハ3307。ノーシルノーヘッダーに車体更新。
1986年廃車
1982年5月4日撮影
福井口
ホデハ301形ホデハ304
元東急デハ3254。1947年入線。
1973年3月26日撮影
福井
モハ1001形モハ1003
1949年日本車両製の自社発注車。
1976年5月2日撮影
福井口
モハ2001形モハ2003
元南海モハ1223。1972年入線
右が越前本線、左が三国芦原線です。
1982年5月4日撮影
福井口
モハ2001形モハ2014
元南海モハ1232
1982年5月4日撮影
福井口
モハ2001形モハ2013
元南海モハ1231
1982年5月4日撮影
福井口
モハ2011
元南海モハ1229
1976年5月2日撮影
福井口
モハ2001形モハ2003
1982年5月4日撮影
福井
モハ3001形
元南海11000系。1973年から1974年にかけて入線しました。
1976年5月2日撮影
福井口
モハ3001形モハ3001
元南海モハ11009
1982年5月4日撮影
福井口
モハ3001形モハ3007
元南海モハ11008
正面貫通型でしたが2枚窓非貫通に改造されています。
1982年5月4日撮影
福井口
モハ3001形モハ3007
1982年5月4日撮影
福井
モハ3001形
1976年5月2日撮影
福井口
テキ512
元国鉄EC402
最初のアプト式電気機関車です。
2両ありましたが、テキ511が国鉄に返却され、EC40(10000)型に復元され
軽井沢で保存されています。
1970年に廃車され、放置されていました。
1976年5月2日撮影
福井口
テキ512
反対側は切り妻に改造されていました。
1976年5月2日撮影
福井口
テキ501
元1925年川崎製の庄川水力電気庄水3形5。
庄川の小牧ダムの工事に使用されていました。
1936年に入線。ボンネットが左右に割れている独特のスタイルです。
富山地鉄デキ6502 加越能鉄道デキ6501も同系機です。
1976年5月2日撮影
福井口
テキ531
元1942年東芝製の宮城電鉄ED353→国鉄ED2811
テキ511を保存のため国鉄に返却した際、代わりに譲渡されました。
東芝の戦時標準型です。
1980年廃車
1976年5月2日撮影
福井口
テキ521 テキ522
1949年日立製の自社発注機。
えちぜん鉄道に引き継がれ、除雪用として健在。
1982年5月4日撮影
福井口
テキ6
1920年梅鉢鉄工製の自社発注機。
1993年に一旦除籍されましたが、日本国内現役最古の電気機関車として、
京福電鉄福井支社活性化のため、1999年に復活。
えちぜん鉄道にも引き継がれました。
2002年に除籍されましたが、構内入替機械として福井口で働いていました。
2009年に勝山に移され、動態保存されています。
1982年5月4日撮影
福井口
テキ6
1982年5月4日撮影
福井口
テキ6
1973年3月26日撮影
京福大野