蒲原鉄道

青字にリンクしています。

1923年開業。磐越西線の五泉から信越本線の加茂まで21.9kmを結んでいました。
最初の開通区間は五泉~村松で、1930年に村松~加茂が開通しています。
目的は、信越本線、磐越西線のルートから外れてしまった、この地区の中心、村松に鉄道を通すため、でした。
したがって、五泉~村松がメインであり、1985年に村松~加茂が先に廃止されています。
結局、五泉~村松も1999年に廃止になり、全線が廃止されました。
新潟の山間を行く、ローカルムード満点の路線でした。
1972年、1976年、1984年の3回訪問しています。

                                          
モハ11形モハ11
全線開通時(1930年)に導入された自社発注車。日本車輌製。
1985年廃車。
村松城跡公園に保存
1984年11月撮影
加茂



モハ11形モハ11
加茂駅を出てすぐのこの鉄橋は信越本線と共用していました、
1984年11月撮影
加茂


モハ11形モハ11
1976年3月22日撮影
村松
モハ11形モハ12
1985年廃車
1976年3月22日撮影
村松
モハ51形モハ51
元モハ13。
モハ11形は11~13の3両ありましたが、モハ13は機器をモハ41に供出し、
廃車となったモハ1の機器に入れ替え、モハ51となりました。
11 12とは台車が違っています。
1985年廃車
阿賀野市民族資料館に保存
1972年3月撮影
村松
モハ41
前述のモハ13の機器を利用し1963年東京電機工業製の自社発注車
元は2扉クロスシートでしたが、
1963年に車体延長3扉ロングシート化されました。
1999年全線廃止時に廃車。
五泉市総合会館に保存。
1984年11月撮影
土倉~高松



モハ41
1984年11月撮影
狭口~七谷


モハ41
1984年11月撮影
冬鳥越
モハ41
1984年11月撮影
高松
モハ41
1984年11月撮影
大蒲原
モハ41
1976年3月22日撮影
土倉~高松
モハ41
1976年3月22日撮影
土倉~高松
モハ41
1976年3月22日撮影
高松
モハ41
1976年3月22日撮影
高松~大蒲原
モハ41
1984年11月撮影
大蒲原
モハ61
1940年日本鉄道自動車(現東洋工機)製。
元武蔵野クハ5856→西武クハ1232を1958年に電装して導入。
元西武クハ1231型には一畑電鉄クハ101~104があります。
1999年廃車。冬鳥越スキーガーデンにて保存。
1984年11月撮影



モハ61
冬鳥越スキー場。ここで保存されています。
1984年11月撮影
冬鳥越





モハ61
1984年11月撮影
高松


モハ61
1984年11月撮影
高松
モハ61
1984年11月撮影
大蒲原
モハ61
1984年11月撮影
大蒲原



モハ61
上の写真の後追いです。
1984年11月撮影


モハ61
1972年3月撮影
村松
モハ61
磐越西線をキハ58が走って行きます。
1984年11月撮影
五泉
モハ61
1984年11月撮影
村松



モハ71
1965年に元武蔵野デハ1322→西武クハ1211を再電装して導入。
元武蔵野デハ1320系としては、流山電鉄モハ1001、クハ52
近江鉄道モハ9
新潟交通クハ39
等があります。
1999年廃車。
1972年3月撮影
村松





モハ71
1976年3月22日撮影
五泉


クハ10
元国鉄キハ41120を制御車化。1950年入線。
おとなりの新潟交通クハ37も元国鉄キハ41000です。
1999年廃車
1972年3月撮影
モハ21
元名鉄モハ455 1947年入線。
なんと木造車です。
モハ101として入線しましたが、1952年に機器をモハ31に供出し、
廃車となったデ1の機器に入れ替えモハ21となりました。
前述のモハ51と同じ経緯で、履いている台車も同じです。
1979年廃車。
1976年3月22日撮影
村松
モハ21
1976年3月22日撮影
村松

モハ91
元山形交通モハ106。1975年に山形交通の廃止により譲渡され入線。
元を正せば上のモハ21と同じ名鉄のモ450形451です。
山形交通時代の1956年に車体が更新され、まったく違った姿になっています。
1985年廃車。
1984年11月撮影



モハ91
1976年3月22日撮影
陣ケ峰~東加茂


モハ81
元越後交通長岡線モハ3002。1972年長岡線の一部廃止時に譲渡され入線。
越後交通の前は京浜急行デ1形→デ111であり、京浜急行京浜間開通時に
準備された電車ですが、車体は更新され、まったく面影はありません。
1985年廃車
1976年3月22日撮影
村松
モハ81
1984年11月撮影
村松
モハ31 モハ61
1972年3月撮影
七谷



七谷駅
この形のポストも少なくなっていました。
1984年11月撮影


モハ31
前述のモハ101→モハ21の機器を利用した1952年製自社発注車
前述のモハ41と同型の車体ですが、こちらは最初からロングシートで
最後まで2扉でした。
1999年廃車
1976年3月22日撮影
加茂
モハ31
1976年3月22日撮影
土倉



モハ31
1976年3月22日撮影
土倉


ED1
村松~加茂開通時に導入された1930年日本車輌製の自社発注機。
1984年の貨物輸送廃止後も残り、1999年廃車。
冬鳥越スキーガーデンにて保存。
1972年3月撮影
村松
ハ2
元阿南鉄道キハ101 雨宮製の4輪ガソリンカー。
付随車として使用されていました。
1978年廃車。
1972年3月撮影
村松
ハ1
1927年京浜車輌工業製の木造客車。
京浜車輌工業?
一説には武州鉄道から来たとも言われています。
1927年製にしてはクラシック過ぎる感じもします。
1978年廃車。
1972年3月撮影
村松
信越・北陸