城端線

青字にリンクしています。

1897年に中越鉄道として開業。北陸本線より早い開業です。1920年国有化。1987年JRに継承され現在に至ってます。
北陸本線の高岡から散居村とチューリップで有名な砺波平野を走り、五箇山の入口、城端まで29.9kmを結んでいます。
祖父母の出身がこの沿線であり、何度か訪問しています。冬は豪雪地帯です。

キハ10
日通のKATOWARKSが入換えをやっていました。
1974年2月15日撮影
城端
キハ45
1974年は雪の中の訪問でした。
1974年2月15日撮影
城端
キハ45
1974年2月15日撮影
城端
C11274
1970年は戦時型のC11が客車を牽いてました。
1970年8月撮影
砺波
キハ45
1974年2月15日撮影
油田
キハ45
雪の砺波平野。
1974年2月15日撮影
戸出~油田
キハ35
1974年2月15日撮影
戸出~油田
雪の散居村を行くキハ35。
1974年2月15日撮影
戸出~油田
DE10の牽く列車
1970年はC11でした。
1974年2月15日撮影
戸出~油田