北陸鉄道小松線 能登線

青字にリンクしています。

北陸本線の小松から鵜川遊泉寺まで5.9kmを結んでいました。
1929年に白山電気鉄道として開業。1937年に小松電気鉄道、1945年の北陸鉄道となりました。1986年廃止。
すぐ隣に尾小屋鉄道があり、そちらに行くついでの撮影でしたが、おかげで訪問回数は多いです。

モハ3000形モハ3001
1949年日本鉄道自動車製の自社発注車
石川線→金石線を経て1971年小松線入線。
1972年3月撮影
小松
モハ3000形モハ3003
1972年3月撮影
小松



モハ3000形モハ3004
1972年3月撮影
小松


モハ3000形モハ3005
1975年3月19日撮影
軽海~鵜川遊泉寺
モハ3000形モハ3005
3005は石川線時代に事故で大破し、
ほとんど新車に更新されています。
1975年3月19日撮影
軽海~鵜川遊泉寺
モハ3000形モハ3005
1975年3月19日撮影
軽海~鵜川遊泉寺



モハ3000形モハ3005
鵜川遊泉寺はポツンとした終点で、寂しい場所でした。
ここから能美線の加賀佐野駅まで延長する計画もあった様です。
1975年3月19日撮影
鵜川遊泉寺


北陸鉄道能登線

七尾線の羽咋から三明まで25.5kmを結んでいました。
1925年に能登鉄道として開業しています。1943年に北陸鉄道。北陸鉄道の路線では唯一非電化でした。1972年廃止。
廃止直前の訪問で、ほとんど乗っただけですが、写真に撮った2両とも後に関東鉄道で再会し、キハ5211に至っては、鉄道博物館でも再会しています。
1972年3月撮影

キハ5251
元国鉄キハ0731。1965年入線
廃止後は関東鉄道キハ614になりました。
柴垣
キハ5211
元国鉄キハ41307→キハ046→遠州鉄道キハ802
1967年に入線
廃止後は関東鉄道キハ461になり、
廃車後、保存され、鉄道博物館で展示されています。
柴垣