越後交通栃尾線

1915年に栃尾鉄道として開業。
長岡市内の悠久山から長岡駅を経由し、栃尾まで、26.5kmを結んでいました。
1948年電化。1960年に長岡鉄道、中越自動車と合併し、越後交通となりました。
1973年に上見附~栃尾、長岡~悠久山廃止。1975年に全線が廃止されました。
廃止まで762mm軌間の軽便鉄道でした。
軽便鉄道としては、意欲的に近代化に取り組んでおり、こんなに早く廃止されるとは思いませんでした。
1972年と1975年の訪問です。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

クハ102

1967年東洋工機製の自社発注車。
1972年3月撮影
長岡

モハ217

1966年東洋工機製の自社発注車。
軽便鉄道としては近代的な車両。
1972年3月撮影
長岡

モハ211

自社工場製のクハ30を自社工場にて電装。
垂直カルダンドライブ。
1972年3月撮影
長岡

モハ214

1961年東洋工機製の自社発注車。
垂直カルダンドライブ。
1972年3月撮影
長岡

クハ111

元京王電軌6号→江ノ電100形115。1956年譲受。
1972年3月撮影
長岡

クハ111

1972年3月撮影
長岡

サハ306

元草軽電鉄のモハ105。1941年日本鉄道自動車製。
1975年3月20日撮影
長岡

ホハ50

元草軽電鉄ホハ23。
1975年3月20日撮影
長岡

ハ10

1954年に元青梅鉄道の4輪車ハ10、ハ11 2両を1両に合造。
1972年3月撮影
長岡

ホハ27

ホハ13→キハ112→モハ206
1961年に電装解除しホハ27。
1972年3月撮影
長岡

ホハ27車内

1972年3月撮影

ホハ22

1930年松井車輌製の元キハ106→モハ204
1960年に電装解除
1972年3月撮影
長岡

モハ209

1952年自社製。デッキ、梯子付きでまるで機関車です。
実際、吊り掛け式と床にぶら下げたモーターからシャフトを使って伝動する 二つの伝動方式を併用しており、機関車並みに強力でした。 1973年廃車。
1972年3月撮影
下長岡

モハ209

反対側です。
1972年3月撮影
下長岡

ED51

1949年日立製の自社発注機
1972年廃車。
1972年3月撮影
下長岡

ワ12

1972年3月撮影
下長岡

ユキ2

1954年無蓋車を改造して作ったジョルダン。
おそらく軽便唯一と思われます。
1972年3月撮影
下長岡

ユキ2

反対側。
1972年3月撮影
下長岡

モハ209 ED51

ED51は廃車直前。モハ209も翌年には廃車。
1972年3月撮影
下長岡