越後交通長岡線

1915年に長岡鉄道として開業。
信越本線の来迎寺から西長岡、越後線の大河津(現寺泊)を経由し寺泊まで結んでいました。
1951年に電化。1960年に長岡鉄道、栃尾鉄道、中越自動車が合併し、越後交通 長岡線となりました。
1973年大河津~寺泊廃止。1975年越後関原~大河津廃止。同時に全線で旅客営業廃止。1993年西長岡~越後関原廃止。
1995年残る来迎寺~西長岡も廃止され、全線が廃止されています。田中角栄元首相が社長をしていたことでも有名です。
旅客営業廃止直前の1975年と、旅客営業廃止後の1976年に訪問しています。

      
モハ1400形モハ1401
元小田急デハ1415 1969年入線
元小田急のデハ1400形にはおとなりの新潟交通モハ16、クハ45形、もあります。
1975年3月20日撮影
大河津

モハ1400形モハ1401
1975年3月20日撮影
大河津
モハ1400形モハ1403
元小田急デハ1203
モハ1401とは窓配置が違います。
1975年3月20日撮影
西長岡
モハ1400形モハ1402
元小田急デハ1402
1976年3月23日撮影
西長岡
モハ1400形モハ1403
旅客営業廃止後の姿。
1976年3月23日撮影
西長岡
モハ1400形モハ1404
元小田急1210
1976年3月23日撮影
西長岡
クハ1450形クハ1456
元小田急クハ1461
1976年3月23日撮影
西長岡
クハ1450形クハ1454
元小田急クハ1466
1976年3月23日撮影
西長岡
クハ1450形クハ1454
1976年3月23日撮影
西長岡
クハ1450形クハ1453
元小田急クハ1453
1976年3月23日撮影
西長岡
クハ1450形クハ1453
1976年3月23日撮影
西長岡
ED51 2 ED51 1
元長野電鉄ED5002 5003を1970年に譲受。1980年廃車。
長野電鉄に残ったED5001は構内移動機として健在。
ED51 1は廃車後里帰りし、ながでん電車の広場で保存。
1975年3月20日撮影
西長岡
ED51 2
1976年3月23日撮影
西長岡
ED31 1
元西武E31 1963年入線。
1995年廃車
1976年3月23日撮影
西長岡
ED26 1
富岩鉄道(国有化後富山港線)ロコ2→国鉄ED26 1
1940年日本鉄道自動車製?詳細は不明です。
上田交通ED25 1とよく似ていますが台車が違います。。
1980年廃車
1976年3月23日撮影
ED40 1
1960年東洋工機製の自社発注機
主力として使われていました。
1995年廃車。
1976年3月23日撮影
西長岡
ED40 1
1976年3月23日撮影
西長岡