鶴見線大川支線南武線(尻手~浜河崎)

京浜東北線鶴見から扇町まで7.0kmと海芝浦支線1.7km大川支線1.0km合計9.7kmの都会のローカル線です。
1926年に鶴見臨港鉄道として開業しました。
1943年に戦時買収により国有化され国鉄鶴見線となりました。京浜工業地帯への通勤路線です。
大川支線では、17m級の旧型国電(クモハ12052 053)がJRとなった1996年まで使用されていました。
浜川崎で接続している南武線の浜川崎支線も、遅くまで17m級国電を使用していました。

クモハ73501他
1979年12月撮影
鶴見~国道
73系と101系のツーショット
1979年12月撮影
鶴見~国道
クモハ73029他
1979年12月撮影
鶴見~国道



101系
見えているホームは本山駅跡。
1942年に廃止されましたが、今でもこのまま。
1979年12月撮影
鶴見~国道


73系
1979年12月撮影
国道
73系
1979年12月撮影
国道
73系
1972年に本線の17m級を置き換えました。
73系も1980年に101系に置き換えられており、引退寸前の写真です。
この鶴見川の橋梁も1981年に架け替えられています。
1979年12月撮影
国道



101系
投入が始まったばかりの頃です。
1992年に103系に置き換わっています。
1979年12月撮影


73系
1974年4月3日撮影
武蔵白石
73系
1974年4月3日撮影
武蔵白石



73系
1974年4月3日撮影
武蔵白石


クハ16027
1971年当時はまだ17m級国電ばかりでした。
1971年4月5日撮影
弁天橋



クモハ11307
1971年4月5日撮影
弁天橋


>

大川支線

武蔵白石から大川1.0kmを結ぶ支線です。
武蔵白石駅構内の曲線でホームと干渉するため、20m級が入線できず、JRになっても17m級のクモハ12を使用していました。
結局1996年に武蔵白石駅の大川支線のホームを撤去し、安善駅から直接乗り入れることで、103系に置き換えられました。

クモハ12051
1974年4月3日撮影
大川~武蔵白石
クモハ12051
1974年4月3日撮影
大川~武蔵白石
クモハ12051
1974年4月3日撮影
大川~武蔵白石



クモハ12051
武蔵白石からは歩いても10分で着きます。
1974年4月3日撮影
大川


南武線(尻手~浜川崎)

南武線の浜川崎支線も1980年まで17m級が運用されていました。置き換え間近の写真です。
また、青梅線から石灰岩を運んでED16が来ていました。

クハ16007
1979年12月撮影
浜川崎~川崎新町
クモハ11222
上の写真の後追いです。
1979年12月撮影
浜川崎~川崎新町
クモハ11222
1979年12月撮影
浜川崎~川崎新町



クハ16006
1979年12月撮影
浜川崎~川崎新町


クモハ11222
1979年12月撮影
川崎新町



クハ16006
1979年12月撮影
八丁畷


ED1615
1983年廃車
この15号機は山梨県南アルプス市で保存されています。
1974年4月3日撮影
浜川崎
ED162
1980年廃車
1974年4月3日撮影
浜川崎
EF16106
1979年になるとEF15が石灰岩列車を牽引していました。
1979年12月撮影
浜川崎~川崎新町
南武線TOP 大川支線TOP