総武流山電鉄

青字にリンクしています。

1916年に流山軽便鉄道として開業しました。
常磐線の馬橋から流山5.7kmを結んでいます。1924年に改軌、1949年に電化されました。
かっては田園風景の中を走っていましたが、宅地開発が進み、今では通勤路線となっています。
社名は何度か変わっていますが、現在は「流鉄」です。右上のボタンからもリンクしています。
総武流山電鉄時代の1971年と1977年に訪問しています。
車両は今は西武のお古になってますが、この頃はあちこちの寄せ集めで、バラエティーに富んでました。

モハ1001
元武蔵野鉄道デハ1321。
西武クハ1212となっていたものを再電装して
1963年に購入。
元武蔵野デハ1320系としては、蒲原鉄道モハ71
近江鉄道モハ9 新潟交通クハ39等があります。
1988年廃車。
1971年3月撮影
馬橋



クハ52
元武蔵野鉄道デハ1323→西武クハ1215
1963年入線。1977年に車体更新。1988年廃車。
1971年3月撮影
馬橋


クハ52+モハ1001
クハ52は車体更新済み。
1977年5月撮影
小金城址



クハ55+モハ1002
クハ55は元東濃鉄道クハ211。1975年入線、
1981年廃車。
1977年5月撮影
小金城址


クハ52+モハ1001
クハ52は車体更新済み。
前面窓がHゴム化されたのがわかります。
1977年5月撮影
赤城台~鰭ヶ崎



クハ52+モハ1001
上の写真の後追いです。
1977年5月撮影
赤城台~鰭ヶ崎


モハ1101
車体は京浜急行クハ480。
下回りは西武所沢工場の手持ち部品。
ジャンクボックスから出来た様な電車です。
近江鉄道モハ135形 クハ1210形も京浜急行400形の車体です。
1968年入線。1994年廃車。
1971年3月撮影
流山~赤城台
モハ1002
製造は1927年川崎造船。最初は西武のモハ554でした。
その後東濃鉄道モハ111を経て、1975年に入線。
川崎造船の代表的スタイルです。
元西武モハ550には津軽鉄道ナハ1200
弘南鉄道クハ1266
高松琴平電鉄890
等があります。
1988年廃車。
1977年5月撮影
流山

モハ1002
1977年5月撮影
流山



クハ55
川崎造船製の2両編成。
二両とも西武から東濃鉄道経由で入線。
1977年5月撮影
流山


モハ100形モハ102
元南武鉄道モハ115
南武鉄道モハ100形は多くの地方私鉄に譲渡されています。
熊本電鉄モハ121高松琴平電鉄クハ81
も元は同じ南武鉄道モハ100形です。
1979年廃車
1977年5月撮影
流山
モハ100形モハ103
元南武鉄道モハ106。
1979年廃車
1977年5月撮影
流山
モハ100形モハ101
元南武鉄道モハ107。
1949年入線。1979年廃車。
1977年5月撮影
流山
モハ100形モハ103
元南武鉄道のモハ100形は流山に4両来、長らく主力でしたが、
東濃鉄道からの転入車により、一線から退きました。
1977年5月撮影
流山
クハ51
豊川鉄道クハ60。国鉄買収後クハ5601となり、1955年に入線。
1970年から休車。もうボロボロでした。これも川崎造船製です。
1977年5月撮影
流山

DB1
森製作所製の10tディーゼル機関車
馬橋駅の入れ替え用
森製作所は、1950年代に小型ディーゼル機関車を
供給していました。加悦鉄道DB20も森製作所製です。
1978年廃車
1971年3月撮影
流山
モハ100形モハ101
1971年3月撮影
流山