上信電鉄

高崎から下仁田 33.7kmを結んでいます。
1897年に軽便鉄道の上野鉄道として開通。1921年に上信電鉄。1924年に改軌および電化されました。
沿線には世界遺産となった富岡製糸場があり、近年脚光を浴びております。
上信電鉄でも文化財級の古典電気機関車がまだ現役で頑張っています。

写真をクリックすると全画面表示されます。再度クリックで戻ります。ブラウザによっては拡大されない場合があります。

       

クモハ1001+クモハ1201

1976年導入の新潟鐵工所製自社発注車。
新潟鐵工所製の電車は珍しいです。
1978年2月19日撮影
高崎

デハニ30

電化時に導入した日本車輌製の木造車(サハ3)を1953年に鋼体化。
1978年2月19日撮影
高崎

デハ23

やはり電化時に導入した日本車輌製デハ5を1960年に鋼体化。
1978年2月19日撮影
高崎

デハ20

木造国電を1951年に鋼体化。
1974年4月撮影
高崎

クハニ12

元国鉄サハ19057(木造)
1949年鋼体化。
1974年4月撮影
高崎

クハニ12

1974年4月撮影
高崎

デハ11

元東武デハ3を1953年の鋼体化
1974年4月撮影
高崎

デハ11

1978年2月19日撮影
高崎

デハ10

元東武デハ4を1962年に鋼体化
1974年4月撮影
高崎

クハ20

電化時に導入した日本車輌製デハ3を1959年に鋼体化。
1978年2月19日撮影
高崎

ED31 6

伊那電買収機ED31 6を1957年に箱型車体に改造。
元は近江鉄道ED31型と同型の凸型車体でした。
健在です。
1974年4月撮影

ED31 6

1978年2月19日撮影
高崎

デキ1

1924年電化時に導入されたシーメンス製電気機関車。
貨物列車の牽引に活躍していました。
デキ1とデキ3が健在です。
シーメンス製の電気機関車としては三池鉄道1~4があります。
1974年4月撮影
高崎

デキ3

1978年2月19日撮影
高崎

デキ3

1978年2月19日撮影
高崎