上毛電鉄

青字にリンクしています。

北関東は赤城山の麓、中央前橋~西桐生25.4kmを結んでいます。中央前橋、西桐生ともにJRの前橋駅、桐生駅からは離れており、他社線とは赤城で東武桐生線と連絡しているだけです。
1928年開業。開業当初に導入されたデハ100形101がイベント用として動態保存されています。1963年までは東武からの直通列車も運行されていました。
国鉄前橋駅、桐生駅への乗り入れも計画されましたが結局実現せず、開業当時の路線で現在に至っています。かっては東武、西武、国鉄から旧型車が来ていましたが、現在は元京王帝都井の頭線3000形の700形に統一されています。
なぜか行く機会がなく、2016年になって初めて訪問しました。
当日は快晴に恵まれ、赤城、榛名、妙義の上毛三山に加え浅間までよく見え、北関東の景色を満喫できました。

700形 クハ727+デハ717
中央前橋を発車する西桐生行き。
中央前橋駅はJR前橋駅から徒歩15分くらいのところにあります。
中央前橋
2016年1月3日撮影



700形 クハ722+クハ712
中央前橋駅は広瀬川沿いにあります。
中央前橋
2016年1月3日撮影


700形 クハ726+デハ716
700形は元京王帝都井の頭線3000形
この716編成はデハ3000の改造で運転台は新設されています。
大胡
2016年1月3日撮影
700形 デハ714+クハ724
こちらはクハ3700形の改造。「走る水族館」
奥に動態保存のデハ101が見えます。
当日はイベントがあり、デハ101が運行されていました。
大胡
2016年1月3日撮影
デハ100形104
開業時に準備されたデハ100形は2両保存されていますが、
このデハ104は静態保存。
大胡
2016年1月3日撮影



700形デハ713+クハ723
大胡
2016年1月3日撮影


700形デハ711+クハ721
背景は榛名山。
樋越
2016年1月3日撮影



デハ100形101
イベントでデハ101が運用されていました。
樋越
2016年1月3日撮影


700形クハ726+デハ716
背景は赤城山。
北原
2016年1月3日撮影



700形デハ717
背景は榛名山です。
北原
2016年1月3日撮影


700形クハ728+デハ718
700形ラストナンバー。
赤城南麓の関東平野を快走。
赤城おろしが吹いたら寒そう・・・。
当日は風もなく穏やかな一日でした。
北原~新屋
2016年1月3日撮影



700形デハ711+クハ721
粕川~新屋
2016年1月3日撮影


700形デハ715+クハ725
粕川橋梁を渡る第5編成。
粕川橋梁は開業時のもので登録有形文化財。
粕川
2016年1月3日撮影
デハ100形101
粕川橋梁を渡るデハ101
この日は大胡~西桐生~中央前橋~大胡
の一往復運用されました。
粕川
2016年1月3日撮影



700形クハ724+デハ714
粕川
2016年1月3日撮影


700形デハ711+クハ721
右は東武桐生線。
200形の浅草行き特急りょうもうが停車しています。
赤城
2016年1月3日撮影
700形デハ715+クハ725
左の線路は東武桐生線。
このあたりはわたらせ渓谷鉄道も走っており、
鉄道の密度が高いところです。
桐生球場前
2016年1月3日撮影



700形クハ724+デハ725
わたらせ渓谷鉄道をオーバークロス。
桐生球場前~天王宿
2016年1月3日撮影


700形クハ725
駅を出るとすぐ渡良瀬川を渡ります。
富士山下
2016年1月3日撮影
700形クハ725+デハ715
渡良瀬川橋梁を渡る中央前橋行き。
上の写真の電車が西桐生で折り返して来ています。
渡良瀬川橋梁も登録有形文化財に指定されています。
富士山下
2016年1月3日撮影
700形クハ725+デハ715
冨士山(ふじやま)は駅のすぐ横の小山です。
富士山下
2016年1月3日撮影
700形クハ718
西桐生駅はJR桐生駅から徒歩10分くらいの場所にあります。
西桐生
2016年1月3日撮影