いすみ鉄道

青字にリンクしています。

元国鉄木原線を1988年に引き継いだ第三セクターです。
外房線の大原から小湊鉄道の上総中野まで26.8kmを結んでいます。
小湊鉄道と房総半島横断線を形成していますが、直通運転はありません。 社長を公募したり、養成費700万円を自腹で運転手を募集したりと話題豊富な第三セクターです。
廃止の危機にありましたが、経営努力が効果を出し始め、改善が認められ、存続が決定しました。
2014年に訪問しましたが、レトロな雰囲気の中にも新車が導入されたり、活性化が感じられ、結構楽しめました。
2014年5月4日撮影

キハ52125+キハ282346
キハ52はJR西日本大糸線で
2010年まで運用されていたのを導入。
キハ28はJR西日本北陸地区で
2011年まで運用されていたのを導入。
観光急行として運用されています。
上総中野
キハ52125
小谷松
いすみ200形いすみ206+いすみ202
第三セクター化に伴い導入された富士重工製のLE-CarⅡ。
導入から24年経過し老朽化。まもなく置き換え。
小谷松
いすみ206+いすみ202
小谷松




いすみ206+いすみ202
小谷松~大多喜



いすみ200形いすみ201
いすみ200形は7両導入されましたが、
4両はすでに廃車され、残りは3両。
大多喜
いすみ300形いすみ301
いすみ200形を置き換えるため、
2012年度から導入されている新潟トランシス製のNDC。
大多喜
キハ52125+キハ282346
大多喜
キハ52125+キハ282346
大多喜




いすみ350形いすみ352
いすみ200形を置き換えるため
2013年度から導入されているNDC
車体は国鉄キハ20の復刻版。但し18m。
大多喜




いすみ200形いすみ206+いすみ202
国吉
いすみ350形いすみ351+いすみ352
国吉
いすみ206+いすみ202
国吉
キハ3062
かっては木原線でも走っていました。
久留里線での運用を終え、2013年に入線。
今は国吉駅に留置されていますが、復活の予定。
国吉
キハ52125+キハ282346
国吉
いすみ350形いすみ351+いすみ352
国吉




いすみ350形いすみ351+いすみ352
国吉



キハ282346
大原